コーヒーブレイク コラム

ピンチはチャンス

こんにちは。藤川@キクスイマグ中の人、です。 史上初の大型連休(10連休)が終わりました。皆さんはいかがでしたでしょうか? たっぷり10日間休めた人、そうでなかった人、様々かと思います。 私は、10日もあるので、その間に […]
投稿日-2019年5月

 

こんにちは。藤川@キクスイマグ中の人、です。
史上初の大型連休(10連休)が終わりました。皆さんはいかがでしたでしょうか?
たっぷり10日間休めた人、そうでなかった人、様々かと思います。

私は、10日もあるので、その間に重要ミッション(?)であるロビーの飾り物を製作しようかと意気込みましたが、材料は入手したものの手がつかず(意気込んだ結果「あるある」ですね・・・)。今日(5月7日)を迎えてしまいました。しかしこのままだとロビーに何もないことになり、各方面から苦情、遺憾の声(というほどのことではないけれど)が出そうです。そこで考えました。黎明期のWebサイトに、「工事中」という白紙のページがよくありました。当時それはそれで(演出として)面白かったわけです。工事中ならばリアルでもそれは「アリ」ではないか。

つまり、準備中(未完成)も演出次第で面白く見せることができるんじゃないかと。ということで工事用保安機材のミニチュアを用意しました。リアルでは無味乾燥な立て看板やオレンジコーンが、ミニチュアになったとたん、なんとも可愛らしいオブジェになるのは面白いところです。これでしばらくの間の時間稼ぎができそうです。(不利な)状況を逆手に取ることで、別の切り口のアイデアを生む。ピンチはチャンスです。

ちなみにこれはプラモデルの老舗「ハセガワ」の製品です。もともとはフィギュア用アクセサリーとして売られているものですが、立て看板の文字を「離席中。探さないでください。」などとアレンジして遊ぶことができそうですよ。

1つ星2つ星
この記事が参考になったらクリック
藤川

執筆者: 藤川

お気軽にご質問・ご相談ください

カタログダウンロード一覧を見る
導入検討中・見積り依頼メールで問い合わせる
close

検索

サイト内の記事と製品を検索

製品のみを検索  サポート記事から検索