高効率交流電源
PCR-W/W2シリーズ

概要・特長

AC1〜300V・1〜500.0Hz/DC±1.4〜424V
単相 2kVA〜12kVA/単相&三相 6kVA, 12kVA
パワーユニット部にPWM方式を採用することにより高効率(約75%)を実現
電力をはじめとする各種の計測機能を標準装備
(写真左から)PCR2000W/PCR8000W/PCR12000W/PCR4000W
※販売終了
製品ギャラリー


ラインアップ

PCR2000W 単相2kVA、高効率交流電源 *販売終了
PCR4000W 単相4kVA、高効率交流電源 *販売終了
PCR8000W 単相8kVA、高効率交流電源 *販売終了
PCR12000W 単相12kVA、高効率交流電源 *販売終了
PCR6000W2 単相&三相6kVA、高効率交流電源 *販売終了
PCR12000W2 単相&三相12kVA、高効率交流電源 *販売終了
※出力容量12kVA以上についてもご相談に応じます。

概要

PCR-W/W2シリーズは、PCR-Lシリーズで培った技術・ノウハウを継承しつつ、効率改善およびローコスト化をメインコンセプトに、性能/機能/品質/価格のトータルバランスに優れた交流安定化電源として開発されました。特にパワーユニット部にPWM方式を採用することにより、高効率(約75%)・低入力電流化そして大幅な小型・軽量化(*1)を達成。また、ワールドワイドに対応できる幅広い入力レンジと高品位かつパワフルな出力(低波形歪み、高速な応答速度、低力率負荷への対応)に加えて、実効値、ピーク値、電力、力率(*2)等の計測機能、AC出力以外にもDC出力やAC+DC出力モード(*2)を装備することにより、PCR-W/W2シリーズは交流電源としての機能に留まらない利便性を提供することができます。
更にPCR-W2(ダブリュツー)シリーズでは、本機1台で同一容量の単相出力および三相出力をスイッチにて切り換えて使用することができますので、従来の様に単相/三相を個別のシステムとして設備する必要がなくなり、予算やスペースの有効活用を図ることができます。
オプションとしては、リモートコントローラの他、GPIBおよびRS-232Cの各インターフェースを用意。コンピュータの遠隔操作にてPCR-W/W2シリーズの各種設定、また計測機能を利用した測定値のリードバックができますので、製造・検査ラインの自動化といった用途にも適しております。
そして何よりも、PCR-W/W2シリーズではランニングコスト(電気代)を従来製品と比較して約3割低減することが可能なため、製造・検査ラインや、研究開発設備でのご使用台数が多くなるほどに、その導入メリットをより実感していただけることでしょう。

*1:当社他方式比、下図のグラフを参照。
*2:この機能を利用するためには、オプションが必要です。

特長

高品位な出力特性

電圧波形歪み0.5%以下、電圧応答速度60μs(PCR-Wシリーズでの標準値)とリニアアンプ方式並みの高品位な出力を実現。また負荷力率0でも最大出力電流を供給できます。

各種計測機能を装備

出力電圧/電流の真の実効値、ピーク値、DC平均値、電力をパネルに表示。さらにオプションを使用すれば力率、VA測定、ピーク・ホールド電流測定も可能になります。

ワイドな入力レンジ

入力は標準仕様で85〜132V/170〜250V(レンジ切換え、ただしPCR8000W、12000W、6000W2、12000W2は170〜250Vのみ)です。世界各国の電圧に対応できます。

自動化にも対応

GPIBおよびRS-232Cによるコントロールに対応。製造・検査の自動ラインでお使いいただけます。また、電圧ドロップの補償に有効なセンシング機能、レギュレーションアジャスト機能も装備。

ページトップへ ▲