IVI-COM 多重環境計測器ドライバ

IVI計測器ドライバ仕様に準拠したIVI-COM多重環境計測器ドライバです。 Microsoft Office VBA、Visual Studio 6.0、Visual Studio.NET、等で利用することが可能です。IVI-Cドライバが同梱されているので、LabVIEW及びLabWindows/CVI環境からも簡単に利用できます。

バージョン

1.0.0

更新日

2021/6/29

動作環境/条件

  • 8(x86/x64)
  • 10(x86/x64)
  • 8.1(x86/x64)
  • RS232C/USB/LAN

ご注意

  • IVI-COM計測器ドライバを使用するには、VISA COMに対応したVISAライブラリが必要です。
    • IVI Shared Components Version 2.6.1以上
  • VISA COMに対応したVISAライブラリとして下記のいずれかのバージョンを推奨します。(複数バージョンを同時インストールする事は出来ません。)
    • NI-VISA 14.0以降
    • Keysight IO Libraries Suite 16.0以降
    • KI-VISA 5.5.0以降
  • 32bit OSを使用する場合、x86版計測器ドライバのみインストール出来ます。
  • 64bit OSを使用する場合、x64版/x86版の両方の計測器ドライバを必要に応じて個別にインストールしてください。

ダウンロード

共通ライブラリ

VISAライブラリ
KI-VISAライブラリについて
IVI計測器ドライバについて

  • 2022-05-22 README
    			***********************
    			**** Read Me First ****
    			***********************
    
    Version 1.0.0.0
    June 01, 2021
    
    
    KikusuiPane IVI Driver for Pane Series DC Power Supply
    -------------------------------------------------------
    
    Supported Instruments
    ---------------------
    PAN16-10E
    PAN16-18E
    PAN16-30E
    PAN35-5E
    PAN35-10E
    PAN35-20E
    
    Installation
    -------------
      System Requirements: The driver installation will check for the
      following requirements.  If not found, the installer will either
      abort, warn, or install the required component as appropriate.
    
      Supported Operating Systems:
        Windows 8
        Windows 8.1
        Windows 10
    
      Shared Components
        Before this driver can be installed, your computer must already
        have the IVI Shared Components installed.
    
        IVI Shared Components version 2.6.1 or later.
    
        The IVI Shared Components installer is available from: 
        http://www.ivifoundation.org/Downloads/SharedComponents.htm
    
    
      VISA-COM
        Any compliant implementation is acceptable. Typically, VISA-COM is
        installed with VISA and other I/O library modules. 
    
    
    Additional Setup
    ----------------
      .NET Framework
        The .NET Framework itself is not required by this driver. If you
        plan to use the driver with .NET, the minimal .NET framework version is 2.0.
    
      The .NET Framework requires an interop assembly for a COM
      server. A Primary Interop Assembly, along with an XML file for
      IntelliSense is installed with the driver. The driver's PIA, along
      with IVI PIAs are installed, by default, in:
      :Program FilesIVI FoundationIVIBinPrimary Interop Assemblies
    
      The PIA is also installed into the Global Assembly Cache (GAC) if
      you have the .NET framework installed.
    
    Help File
    ---------
      The help file (KikusuiPane.chm) is located in the directory:
       IVI FoundationIVIDriverskipane
    
    Revision History
    ----------------
      Version     Date         Notes
      -------   ------------   -----
      1.0.0.0   Jun 01, 2021  Initial public release
     
    
    IVI Compliance
    --------------
    IVI-COM/IVI-C IviSwtch/IviDmm Specific Instrument Driver
    
    Optional Features: 
    Interchangeability Checking     no
    State Caching                   no
    Coercion Recording              no
    
    Driver Identification:          KikusuiPane
    Vendor:                         Kikusui Electronics Corp.
    Description:                    DC Power Supply
    Revision:                       1.0
    Component Identifier:           
    
    Hardware Information:
    Instrument Manufacturer:        Kikusui Electronics Corp.
    Supported Instrument Models:    PAN16-10E, PAN16-18E, PAN16-30E, PAN35-5E, PAN35-10E, PAN35-20E
    Supported Bus Interfaces:       TCPIP, USB, RS232C
    
    32-bit Software Information:
    Supported Operating Systems:    Windows 8, Windows 8.1, Windows 10
    Support Software Required:      VISA
    Source Code Availability:       Source code included with driver.
    
    64-bit Software Information:
    Supported Operating Systems: 	Windows 8, Windows 8.1, Windows 10
    Support Software Required:      VISA
    Source Code Availability:       Source code included with driver.
    

LAN/USB標準装備のドロッパ直流電源 PAN-Eシリーズ 販売開始のおしらせ

2019年10月1日

菊水電子工業(本社:神奈川県横浜市 代表取締役社長:小林一夫)は、高信頼性直流安定化電源「PAN-Eシリーズ」を発売し、2019年10月末より出荷開始いたします。

可変型直流電源の回路方式は「ドロッパ(シリーズレギュレータ)方式」と「スイッチング方式」に大別されます。近年は小型軽量で可搬性に優れたスイッチング方式の製品が市場を大きく占めていますが、出力品位が求められる用途(半導体や通信デバイス、高品位メッキ等)については、筐体容積と重量に難点があるもののリップルノイズが少ないドロッパ方式が依然として支持され、底堅い需要が今もあります。ちなみにドロッパ方式採用の当社ロングセラー製品PAN-Aシリーズは、1998年の発売以来約84000台を販売しております(2019年8月時点)。
一方、直流電源のアプリケーションとして、パソコン等による外部・遠隔制御での利用が増えています。しかし前述のPAN-Aシリーズにおいては別売の外付けインターフェースが必要であり、使い勝手やコスト面で望ましいものではありませんでした。このような背景から、出力品位が良く、LANやUSB等を標準装備したドロッパ直流電源の潜在需要はあると考え、PAN-Eシリーズを開発するに至りました。
PAN-Eシリーズは、従来品(PAN-Aシリーズ)相当の出力性能を有し、CPUと高分解能DA・ADコンバータを採用することで、微細な出力値の読取り/出力設定をマニュアル操作はもちろん、LAN/USB/RS232Cいずれかのケーブルが1本あれば、パソコンでの制御が簡単におこなうことができます。 LANについては、LXI(LAN eXtention for Instrumentation)に対応。パソコン、タブレットPC、スマートフォンのブラウザを用いてネット接続されたPAN-Eシリーズを制御.監視することが可能です。
また従来品同様、アナログ外部制御やモニタ出力も装備しています。

ドロッパ(シリーズレギュレータ)方式は「古い枯れた技術」と思われがちですが、いまだ雑音性能や応答性においてはスイッチング方式に勝る点があり、堅牢な設計として現在も十分に通用する回路方式です。このドロッパ方式と最新のデジタルインターフェースの組み合わせによる新たな価値を、PAN-Eシリーズにパッケージングいたしました。なおPAN-Eシリーズは、当社国内事業所での生産(メイドインジャパン)となります。
また従来品であるPAN-Aシリーズは、PAN-Eシリーズ発売後も販売を継続いたします。既存設備のメンテナンス(交換)等で引き続きご用命いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

ラインアップ

モデル名出力定格当社標準価格
PAN16-10E0~16V/0~10A¥160,000+税
PAN35-5E0~35V/0~5A¥156,000+税

※モデルは今後拡充予定あり

主な特長

  • 出力品位に優れたドロッパ(シリーズレギュレータ)方式
  • 高い設定分解能:電圧:1mV/電流:100μA(PAN35-5E)
  • リップルノイズ:0.5mVrm/2mArms
  • 過渡応答:50μs(後面OUTPUT端子台、リモートセンシング使用にて)
  • LAN(LXI)/USB/RS232Cインターフェース標準装備
  • 外部アナログリモートコントロール
  • モニタ&ステータス信号出力
  • ワンコントロール並列運転機能(同一モデル最大3台まで)
  • ワンコントロール直列運転機能(同一モデル最大3台まで)
  • CV、CC優先起動機能(出力オン時のオーバーシュートを防止)
  • リモート・センシング機能付
  • キーロック、3点メモリ機能
  • 前面出力端子用安全カバー付

販売データ

●市場:
自動車電装・部品市場、IoTセンサ等の開発・生産設備、大学等研究所の実験設備
●出荷開始:
2019年10月末より
●販売目標台数:
1000台(年間)

本件に対するお問い合わせ

菊水電子工業株式会社 営業推進部 営業推進1課
〒224-0032 横浜市都筑区茅ケ崎中央6番1号 サウスウッド4階
E-mail:hanbai@kikusui.co.jp

keyboard_arrow_leftプレスリリース

お気軽にご質問・ご相談ください

カタログダウンロード一覧を見る
導入検討中・見積り依頼メールで問い合わせる
close

検索

サイト内の記事と製品を検索

製品のみを検索  サポート記事から検索