ファームウェア アップデータ

本ソフトウエアは、PLZ-5WH/5WH2シリーズ本体ファームウェアのためのアップデートファイルです。

バージョン

2.22

更新日

2021/11/11

動作環境/条件

対象商品:PLZ-5WH/5WH2シリーズ(PLZ-5W/5WZは対象外です。)

【注意】
PLZ-5WHでバージョンが2.00の場合、当バージョンにアップデートできません。
一度バージョン2.11にアップデートしたのち、当バージョンにアップデートしてください。

備考

アップデート方法

  • USBメモリーを使用して、PLZ-5WH/5WH2のファームウェアをアップデートできます。
  • アップデートファイル(Update.img、CHECKSUM.md5)は、USBメモリーのルートディレクトリに保存してください。アップデートファイルのファイル名は変更しないでください。

アップデートの操作手順

  1. SYSTEM>Admin>Firmware Updateキーを押します。
  2. 前面パネルのUSBコネクタに、アップデートファイルが保存されたUSBメモリーを挿し、Executeキーを押します(アップデート画面が表示されます)。
  3. ENTERキーを押します。
    アップデート中は、POWERスイッチをオフにしないでください。USBメモリーを取り外さないでください。
  4. アップデート完了画面が表示されたあとに、POWER スイッチをオフにし、再度オンにする。
    再起動後、USBメモリーを取り外してください。

以上で、アップデートは完了です。

PLZ5WHシリーズの公開している取扱説明書(対象ファームウェアバージョン2.1x)は、ファームウェアバージョン2.20にアップデートした製品にも使用できます。

ダウンロード

PLZ-5WHのバージョンが2.00の場合のみ、Ver 2.11にアップデートしてください。
対象商品:PLZ-5WHシリーズ(PLZ-5W/5WH2/5WZは対象外です。)

リリースノート

VER 2.22
October 28, 2021

FPGA2.01.0001

修正
特定の周囲温度で起動に失敗する問題を修正。(IFC2.21.0005:変更なし)
VER 2.21
October 23, 2020

IFC2.21.0005 / FPGA2.00.0005

修正
リセットしない条件でもシーケンス実行時に積算値をリセットした問題の修正。
修正
計測にnanという文字が出てしまう問題の修正。
機能追加
DHCPのRequest packetにOption81を追加。
VER 2.20
February 07, 2020

IFC2.20.0000 / FPGA2.00.0002

機能追加
不正なスレーブが接続されたときのアラームを追加。
修正
接地が不十分な状態で並列接続すると、誤動作することがある問題を修正。
VER 2.11
September 12, 2019

IFC2.11.0000 / FPGA2.00.0001

機能追加
シーケンスプログラムの保存・読み出しがUSBメモリーに対応。
機能追加
シーケンス終了後のロード状態を設定する機能を追加。
機能追加
シーケンス機能のポストトリガソースに「カットオフ」を追加。
機能追加
即時にリセットを実行するキー(*RST)を、「SYSTEM > SCPI」に追加。
変更
シーケンス開始の同期を設定するメニューを、「SOURCE > More」から「SEQUENCE > More」に移動。
変更
ソフトスタート時間の工場出荷時設定を、OFFから500μsに変更。
機能追加
マスタ機にPLZ-5WHシリーズを使用し、スレーブ機としてPLZ-5WH2シリーズを接続するケースに対応。
変更
ARBモード時の応答速度の工場出荷時設定を、OFFから500μsに変更。
変更
パルス動作時およびサイン動作時にTRIG OUTコネクタから出力される信号のパルス幅を、1μsから10μsに変更。

IVI-COM 多重環境計測器ドライバ

IVI計測器ドライバ仕様に準拠したIVI-COM多重環境計測器ドライバです。 Microsoft Office VBA、Visual Studio 6.0、 Visual Studio.NET、等で利用することが可能です。IVI-Cドライバが同梱されているので、LabVIEW及びLabWindows/CVI環境からも簡単に利用できます。

バージョン

1.0.1.0

更新日

2018/12/28

動作環境/条件

  • 7(x86/x64)
  • 8(x86/x64)
  • 10(x86/x64)
  • LAN/USB/RS-232C

ご注意

  • IVI-COM計測器ドライバを使用するには、VISA COMに対応したVISAライブラリが必要です。(IVI Shared Components Version 2.4.2以上)
  • VISA COMに対応したVISAライブラリとして下記のいずれかのバージョンを推奨します。(複数バージョンを同時インストールする事は出来ません。)
    • NI-VISA 5.1.0以降
    • Agilent IO Libraries Suite 16.0以降
    • KI-VISA 5.0.5以降
  • 32bit OSを使用する場合、x86版計測器ドライバのみインストール出来ます。
  • 64bit OSを使用する場合、x64版計測器ドライバのみインストールできます。これにはx86(WOW64)版ドライバも同梱されます。

ダウンロード

共通ライブラリ

VISAライブラリ
KI-VISAライブラリについて
IVI計測器ドライバについて

  • 2022-05-23 README
    			***********************
    			**** Read Me First ****
    			***********************
    
    Version 1.0.1.0
    Dec 04, 2018
    
    
    Introducing the Kikusui IVI Driver for the PLZ5W/5WH Electronic Load
    ---------------------------------------------------------------------------
    This driver provides a means to connect to instruments according to the 
    IVI specification.
    This driver can be used through COM component or C language.
    For detailed explanation please refer to our website.
    https://www.kikusui.co.jp/en/
    
    Supported Instruments
    ---------------------
    PLZ205W / PLZ405W / PLZ1205W / PLZ12005WH/ PLZ20005WH
     
    Installation
    -------------
      System Requirements: The driver installation will check for the
      following requirements.  If not found, the installer will either
      abort, warn, or install the required component as appropriate.
    
      Supported Operating Systems:
        Windows 7
        Windows 8
        Windows 10
    
      Shared Components
        Before this driver can be installed, your computer must already
        have the IVI Shared Components installed.
    
        Minimal IVI Version: 2.4.2
    
        The IVI Shared Components installer is available from: 
        http://www.ivifoundation.org/Downloads/SharedComponents.htm
    
    
      VISA-COM
        Any compliant implementation is acceptable. Typically, VISA-COM is
        installed with VISA and other I/O library modules. 
    
    
    Additional Setup
    ----------------
      .NET Framework
        The .NET Framework itself is not required by this driver. If you
        plan to use the driver with .NET, the minimal .NET framework version is 2.0.
    
      The .NET Framework requires an interop assembly for a COM
      server. A Primary Interop Assembly, along with an XML file for
      IntelliSense is installed with the driver. The driver's PIA, along
      with IVI PIAs are installed, by default, in:
      :Program FilesIVI FoundationIVIBinPrimary Interop Assemblies
    
      The PIA is also installed into the Global Assembly Cache (GAC) if
      you have the .NET framework installed.
    
    Help File
    ---------
      The help file (KikusuiPlz5w.chm) is located in the directory:
       :Program FilesIVI FoundationIVIDriverskiplz5w
    
    Revision History
    ----------------
      Version     Date         Notes
      -------   ------------   -----
       1.0.1    Dec 04,2018    Add PLZ12005WH and PLZ20005WH to supported instrument
       1.0.0    Oct 02,2017    Initial public release
      
    
    IVI Compliance
    --------------
    IVI-COM/IVI-C  Specific Instrument Driver
    IVI Instrument Class: none
    
    Optional Features: 
    Interchangeability Checking     no
    State Caching                   no
    Coercion Recording              no
    
    Driver Identification: 
    Vendor:                         Kikusui
    Description:                    PLZ5W/5WH series Electronic Load
    Revision:                       1.0
    Component Identifier:           KikusuiPlz5w
    
    Hardware Information:
    Instrument Manufacturer:        Kikusui
    Supported Instrument Models:    PLZ205W,PLZ405W,PLZ1205W,PLZ12005WH,PLZ20005WH
    Supported Bus Interfaces:       LAN,USB,RS232C
    
    32-bit Software Information:
    Supported Operating Systems:    Windows7, Windows8, Windows10
    Support Software Required:      VISA
    Source Code Availability:       Source code included with driver.
    
    64-bit Software Information:
    Supported Operating Systems: 	Windows7, Windows8, Windows10
    Support Software Required:      VISA
    Source Code Availability:       Source code included with driver.

お気軽にご質問・ご相談ください

カタログダウンロード一覧を見る
導入検討中・見積り依頼メールで問い合わせる
close

検索

サイト内の記事と製品を検索

製品のみを検索  サポート記事から検索