菊水電子の情報提供コンテンツ

内部抵抗可変機能を使って、バッテリ、ワイヤーハーネスを模擬!

課題

  • 車載電装品の評価時、実抵抗を使用していませんか?
  • 劣化したバッテリ複数個用意して、車載電装品を評価していませんか?

車載電装品の評価試験において、ワイヤーハーネスの抵抗成分を含むシミュレーションでは通常、実抵抗を用意し試験回路に組み込む必要がありました。

また、劣化したバッテリを接続した状態でのEUTの挙動を模擬したい場合、一般的な直流安定化電源ではバッテリの内部抵抗を模擬できないため実際のバッテリを複数個用意する必要があり、多くの工数がかかっていました。

このような問題を解決するには?

内部抵抗可変機能付きの直流安定化電源を使用すれば、各種車載電装品におけるワイヤーハーネス等の伝送経路インピーダンスの模擬や劣化したバッテリを模擬して性能評価を行うことができます。

ワイヤーハーネスの抵抗成分の模擬として

ワイヤーハーネスの抵抗成分の模擬として

劣化したバッテリの模擬として

劣化したバッテリの模擬として

お気軽にご質問・ご相談ください

カタログダウンロード一覧を見る
導入検討中・見積り依頼メールで問い合わせる
close

検索

サイト内の記事と製品を検索

製品のみを検索  サポート記事から検索