コーヒーブレイク コラム

満足と幸せ 〜自分のなかの空っぽな「穴」〜

少し前の記事。 「カネで買えぬ?幸福感、年収7・5万ドルで頭打ち」 (読売新聞 – 09月07日付))」 内容はこうだ。 米プリンストン大教授、ダニエル・カーネマン氏が、 米国人45万人以上を対象とした電話調 […]
投稿日-2010年11月

 

少し前の記事。
「カネで買えぬ?幸福感、年収7・5万ドルで頭打ち」
(読売新聞 – 09月07日付))」

内容はこうだ。

米プリンストン大教授、ダニエル・カーネマン氏が、
米国人45万人以上を対象とした電話調査のデータを基に、
年収と幸福の関係を統計的に分析した。
いわば「幸福は金で買えない」という通説の検証。

暮らしに対する満足度を10段階で自己評価。
評価の数値は、年収に比例して上昇する。
しかし、「昨日笑ったか」などの質問で測る「感情的幸福」の度合いは、
年収7万5000ドル(約630万円)前後で頭打ちになったという。
(ちなみに円高の今だと約900万円・・・結構いい額だ)

教授は「高収入で満足は得られるが、
幸せになれるとは限らない」と結論している。

満足。何かを足るまで満たす。
しかし目標の達成(感)は点でしかない。
その点は時間とともにすぐ過去へ遠ざかる。
だからまた新たな目標(達成感)が欲しくなる。
満たしても満たしても、埋まらない欠乏感。

それが「欲を満たす=幸せ」、という価値観が誤りである理由だ。

食べたいだけ食べても、
欲しいモノを欲しいだけ買い漁っても、
埋まることがない「心の穴」。

欲を満たすことでは、幸せになることはない。
欲を満たすことはできない。終わりがないのだから。

古い短編SF小説を思い出す。
小松左京氏の「兇暴な口」という。

自分で自分を食い尽くす、一部始終を録画する男の話。
自分の脳味噌にスプーンを挿し、口に運んだが
味はもうわからなくなっていた・・・で話が終る。

欲の追求の愚かさ、おぞましさを
自分の肉体を調理して喰うという行為で置き換えた。

喜劇王チャップリン曰く。
人生には夢と希望と、少しのお金が有ればいい。

「ハゲタカ」という映画のモノローグ。
誰かが言った。人生の悲劇は二つしかない。
金の無い悲劇。そしてもうひとつは金のある悲劇。
というのもあったな。

10年前、当社の情報誌(休刊中)の編集後記に
新しいミレニアムの最大のテーマは「こころ」だ、と記した。

その時は、物質主義から精神主義へ、といった
かなり単純な構図を想像した。
精神の充足に軸足が移るのだろう。
しかしこの10年で、「そういうことではない」と気付いた。

物質主義はこれからも続くのだ。ますますと。
経済活動は物質主義そのものだ。
いまの世界は、経済を無視したら立ち行かない。
どんな崇高な思想も、万人の空腹を打ち消す事はできない。

大量生産、大量消費ができなくなるような
大規模災禍、戦争など壊滅的な出来事が起きるまでは。

ひもじくても、心が満ちればよい。
これは嘘だ。ぜったい無理だ。
未来永劫にない。

モノの多寡に惑わされない。
己の(物質)欲を、無視せず、また横暴も許さない。
これだろう。

適度に自分が自分の欲を許す。

だが実際のところ、かなり難しい。
どこまで許していいものか。
禁欲、強欲はとっても簡単。
全部ダメか全部オーケーなんだから。
判断が要らない。

絶妙なセルフコントロール。
言葉は簡単だが、それが出来る人間が
果たしてどれだけいるか。
自分の中に、考えとしての「基準」がないとできない。
しかも、その基準に偏向がないのだ。

しかし世界は、そうはさせじとしているようだ。

本物の「大人」になるヒント(曽野綾子著)
テレビは見てはいけない(苫米地英人著)
ガタクタを捨てれば自分が見える(カレン・キングストン著)
節約の王道(林望著)
フリー <無料>からお金を生み出す新戦略(クリス・アンダーソン著)

これらを読むうち、
わたしたちは、自分が何を本当に欲しているのか
どうなりたいのか
実はよく分かっていない、
まともに考えていないのだなと思った。

これがしたい、あれが欲しい・・・
それは、何らかの外部的な刺激に反応しているだけ。
しかし当人はそう感じていない。
そこが怖いところだ(これを洗脳というのか?)。

本当に自分で考えたことなんてあるのか?
こだわりだの、ポリシーだのなんて
もしかしたら、というかよくよく考えれば
ぜんぶ借り物。

私は自由に生きている、と思っていたら
実は、うまいこと操作されている・・・。

もっとも、死ぬまで「それ」に気付かなければ
それはそれで幸せなことかもしれない。
自分に空っぽな「穴」があいたままだったとしても。

適度に欲を満たすことで、
自分の内面の「穴」にフタをして、
気付かぬふりもまた、生きる知恵か。

この穴は底なしだから、
覗き込むには相当な勇気が必要なのだ。

「生きている穴」という小説もあった。
これも小松左京氏。

ある日、家の地下室に「穴」ができる。
穴の向こうは真っ暗で何も見えない。
やがて、あらゆるところに穴が空き始める。
それは、やがて自分の体にも。
穴をのぞくと、中はまっくらで、
奥から、冷たい風が、かすかに吹いてくる・・・。

怖いな・・・。

1つ星2つ星
この記事が参考になったらクリック
藤川

執筆者: 藤川

お気軽にご質問・ご相談ください

カタログダウンロード一覧を見る
導入検討中・見積り依頼メールで問い合わせる
close

検索

サイト内の記事と製品を検索

製品のみを検索  サポート記事から検索