close

検索

サイト内の記事と製品を検索

製品のみを検索

コンパクト交流電源 PCR-MA

コンパクト交流電源PCR-MAシリーズ

出力電圧を広範囲に可変、出力最大電圧310Vrmsにアップ。手軽さそのままに実用性と利便性を向上させました。

PCR-MAシリーズは、従来モデル(PCR-M シリーズ)を改良したPWMインバータ方式の交流電源です。従来モデル(PCR-Mシリーズ)のコンパクトさはそのままに、出力電圧範囲をAC310Vrmsに拡大し、システムアップに不可欠な通信インターフェースLAN(LXI)、USB を標準搭載。さらにセンシング機能などが追加されています。LANインターフェースでは、WEBブラウザからバーチャルフロントパネルにて制御・監視も可能です。シンプルな操作性で計測機能、メモリ機能、各種保護機能等を装備しています。

特長

コンパクト設計

デスクトップでスッキリ!片手でらくらく運べる交流電源

214W×124H×350D mmと、実験机を占有しない本体サイズ。そしてラクラク持ち運びできる重さ約6.5kg!(PCR500MA)

6.5kg

多彩な出力モード

ACモード、DCモードに加え、AC+DCモード※1オプションのアナログコントロールインターフェースボードEX08-PCR-MAを使用することで、EXT-ACモード、EXT-DCモードの外部アナログ信号による出力制御が可能になります。

出力モード機能説明
ACモード交流出力
DCモード直流出力
AC+DC モード交流に直流を重畳して出力※1
EXT-AC モード外部直流信号で正弦波を出力※2
EXT-DC モード外部入力した波形をそのまま増幅して出力 ※ 2
  • ※1通信コマンドのみ
  • ※2アナログインターフェースボードEX08-PCR-MA装着時のみ

ACモード

出力電圧可変範囲は0V~155V/0V~310V(2レンジ)、周波数可 変範囲は40Hz~500Hzで、広範囲に設定できますので、各国の公称電圧(単相)に対応。また航空機、船舶やアクチュエータ等へ搭載する電源装置の試験にも使用できます。

設定可能電圧範囲周波数設定範囲
155Vレンジ310Vレンジ
0.0V〜157.5V0.0V〜315.0V40Hz〜500Hz
 

DCモード

出力電圧可変範囲:±(0V~219V)/±(0V~438V)

出力電圧設定
155Vレンジ310Vレンジ
-222.5 V~+222.5 V-445 V~+445 V
 

AC+DCモード

出力電圧可変範囲:±(0V~219V)/±(0V~438V)

出力電圧設定
155V レンジ310V レンジ
-222.5 V~+222.5 V-445 V~+445 V
 

※ AC+DCモードとは、交流電圧に直流電圧を、または直流電圧に交流電圧を重畳する機能です。通信コマンドでのみ使用できます。


豊富な計測機能

交流および直流出力の電圧、電流、電力を測定することができます。出力電圧では真の実効値および平均値(直流)を、出力電流では真の実効値、ピーク値および平均値(直流)を表示できます。また、通信インターフェースの利用により、皮相電力(VA)、無効電力(VAR)、力率(PF)、クレストファクタ(CF)、ピーク・ホールド電流測定が可能になります。

センシング機能(ON/OFF)

負荷機器が離れた場所に設置されている場合でも、負荷線によ る電圧降下を補正できます。

出力 ON 位相設定機能

ACモードではOUTPUTオン位相を設定できます。OUTPUTオフ位相角は、ゼロクロス位相で出力がオフします。
出力ON位相設定機能

メモリ機能

出力電圧、周波数の設定値およびリミット値を3組、本体メモリに記憶させることができますので、電圧急変や周波数急変試験に便利です。また、通信コマンドでのみメモリ最大11組まで使用できます。
出力電圧、周波数の設定値およびリミット値を3組、本体メモリに記憶させることができます

最大ピーク電流

コンデンサインプット型整流負荷に対して、定格最大電流(実効値)の3倍までの最大ピーク電流を出力できます。「最大ピーク電流=定格最大電流(実効値)×3」
コンデンサインプット型整流負荷

EXT-ACモード

入力する直流信号に応じて出力する交流の電圧値を可変できます。電圧増幅率:15.5倍または31倍
電圧増幅率:15.5倍または31倍

EXT-DCモード

入力した波形をそのまま増幅し出力します。電圧増幅率:100倍または200倍
電圧増幅率:100倍または200倍

保護機能

下記保護機能を搭載しています。

  • 入力電圧定格範囲外保護
  • 過熱保護(OHP)
  • 過負荷保護:電流リミット(OCP)/電力オーバー監視(OPP)/ピーク電流オーバー監視(OCPP)
  • 電圧異常検出:電圧上昇(OVP)/電圧低下(LVP)
  • センシング線の接続異常検出(SF)

WEBブラウザからの遠隔制御・監視も実現!

パソコン、スマートフォン、タブレットのWEBブラウザから、PCR-MAシリーズに組み込まれたWEBサーバにアクセスし、制御・監視することができます。

[推薦ブラウザ]
Microsoft Edge 10/Internet Explorer 9.0以降/Firefox 8.0以降/Safari・Mobile Safari 5.1以降/Chrome 15.0以降、Opera 11.0以降
※スマートフォン、タブレット等の接続にはWi-Fi環境(無線LANルータなど)が必要です。

組込みWEBサーバでかんたんアクセス!

使用事例

待機電力測定用の交流電源として

待機電力測定用の交流電源

弊社ディジタルパワーメータKPM1000 と組み合わせることで、IEC62301 First Edition 規格準拠の測定が行えます。 ErP 指令のLot6 等で要求される家庭用/オフィス用電気・電子機器製品のスタンバイ・オフモード電力測定等が可能です。

高調波電流測定用の交流電源として

校長は電流測定用の交流電源として

弊社高調波/フリッカアナライザKHA1000 と組み合わせることで、IEC61000-3-2 規格準拠の電源高調波測定が行えます。

コンタクトチェック用の交流電源として

コンタクトチェック用の交流電源として

コンタクトチェッカと組み合わせることで、コンデンサに流れる電流を検出し、コンデンサが接続されているかどうかを判定することが出来ます。

簡易電源変動試験用の直流電源として

簡易電源変動試験用の直流電源として

弊社インテリジェントバイポーラ電源、高電圧電子負荷装置と組み合わせることで、直流高電圧車載電子機器用の簡易電源変動試験が行えます。

仕様

製品ごとの仕様は製品単体ページでご確認ください。

  • 項目/形名PCR500MAPCR1000MAPCR2000MAPCR4000MA
    出力
    電圧範囲(155V/310V レンジ )定格電圧範囲0V~155V/0V~310V
    設定電圧範囲0V~157.5V/0V~315V 
    電圧設定分解能0.1V
    電圧設定確度 *1± (1% of set + 0.6V/1.2V)
    出力相数単相
    最大電流 *25A/2.5A10A/5A20A/10A40A/20A
    最大ピーク電流 *315A/7.5A30A/15A60A/30A120A/60A
    負荷力率0~1(進相または遅相)
    電力容量500VA1kVA2kVA4kVA
    周波数設定範囲40Hz~500Hz
    周波数設定分解能0.1Hz
    周波数確度± 2×10-4以内
    出力定格 DCモード
    電圧範囲(155V/310V レンジ )定格電圧範囲-219V~+219V/-438V~+438V
    設定電圧範囲-222.5V~+222.5V/-445V~+445V
    電圧設定分解能0.1V
    電圧設定確度 *4± (1% of set + 0.6V/1.2V)
    最大電流 *54A/2A8A/4A16A/8A32A/16A
    最大瞬時電流 *612A/6A24A/12A48A/24A96A/48A
    電力容量400W800W1600W3200W
    出力電圧安定度
    電源変動 *7± 0.15%以内
    負荷変動 *8(155V/310V レンジ )40Hz~100Hz、DCの時:± 0.15V/± 0.3V以内
    上記以外の時:± 0.5V/±1V以内
    出力周波数変動 *9± 1%以内
    リップルノイズ *100.8Vrms/1.6Vrms (TYP値)
    周囲温度変動 *11100ppm/℃ (TYP値)
    出力電圧波形歪率 *120.5%以下
    出力電圧応答速度 *13150μs (TYP値)
    効率 *1470%以上
    測定値表示 *15
    電圧測定分解能0.1V
    確度(155V/310Vレンジ)RMS、AVE
    *16
    45Hz~65Hz、DCの時:±(0.5% of reading + 0.3V/0.6V)
    上記以外の時:±(0.7% of reading + 0.9V/1.8V)
    電流測定分解能0.01A0A~99.99A:0.01A
    100A以上:0.1A
    確度(155V/310Vレンジ)RMS、AVE
    *17
    45Hz~65Hz、DC時:
    ±(0.5% of reading + 0.02A/0.01A)
    上記以外の時:
    ±(0.7% of reading + 0.04A/0.02A)
    45Hz~65Hz、DC時:
    ±(0.5% of reading + 0.04A/0.02A)
    上記以外の時:
    ±(0.7% of reading + 0.08A/0.04A)
    45Hz~65Hz、DC時:
    ±(0.5% of reading + 0.08A/0.04A)
    上記以外の時:
    ±(0.7% of reading + 0.16A/0.08A)
    45Hz~65Hz、DC時:
    ±(0.5% of reading + 0.16A/0.08A)
    上記以外の時:
    ±(0.7% of reading + 0.32A/0.16A)
    電力測定分解能0.1W0.1W、1W(1000W以上の場合)
    確度 *18±(2% of reading +0.5W)±(2% of reading +1W)±(2% of reading +2W)±(2% of reading +4W)
    入力定格
    AC入力公称入力定格100V~120V/200V~240V、50Hz/60Hz、単相
    入力電圧範囲90V~132V/180V~264V(電源投入時自動判別)
    入力周波数範囲47Hz~63Hz
    皮相電力800VA以下1600VA以下3200VA以下6400VA以下
    力率 *190.9 (標準値)
    電流入力90V~115V8A/6.3A以下16A/12.5A以下32A/25A以下64A/50A以下
    入力180V~230V4A/3.2A以下8A/6.3A以下16A/12.5A以下32A/25A以下
    • *1 出力電圧 13.5V ~ 155V/27V ~ 310V、出力周波数 45Hz ~ 65Hz、無負荷、23℃± 5℃の場合。
    • *2 出力電圧 1V ~ 100V/2V ~ 200V の場合。出力電圧 100V ~ 155V/200V ~ 310V 時では、最大容量により制限されます。
    • *3 コンデンサインプット型整流負荷に対して。最大電流値により制限されます。
    • *4 出力電圧 19V ~ 219V/38V ~ 438V、無負荷、23℃± 5℃の場合。
    • *5 出力電圧 1.4V ~ 100V/2.8V ~ 200V において。出力電圧が 100V ~ 219V/200V ~ 438V 時は、電力容量により制限されます。
    • *6 最大電流により制限されます。
    • *7 定格範囲の変化において。
    • *8 出力電圧 80V ~ 155V/160V ~ 310V、負荷力率 1、出力電流 0A ⇔最大電流の変化、後面出力端子において。
    • *9 出力電圧 100V/200V、負荷力率 1 の時。60Hz を基準としたときの出力電圧変動。
    • *10 DC モードにて、5Hz ~ 1MHz 成分に対して、後面出力端子の場合。
    • *11 出力電圧 100V/200V、出力電流 0A、動作温度範囲内において。
    • *12 出力電圧 50V ~ 155V/100V ~ 310V、負荷力率 1、AC モードにおいて。
    • *13 出力電圧 100V/200V、負荷力率 1、出力電流 0A ⇔最大電流の変化に対して。
    • *14 AC モード、出力電圧 100V/200V、最大電流、負荷力率 1、出力周波数 40Hz ~ 500Hz において。
    • *15 実効値(RMS)、平均値(AVE)、電力(W)は以下の式によって求めています。
      RMS(真の実効値演算)=√(Σ(瞬時電圧または瞬時電流の二乗)/ サンプル数)
      AVE = Σ(瞬時電圧または瞬時電流)/ サンプル数
      W AC = Σ(瞬時電圧×瞬時電流)/ サンプル数
      WDC = VAVG ×IAVG
      ・サンプル期間:AC 出力時 100ms ~ 125ms(出力波形周期の整数倍)、DC 出力時 125ms
      ・更新周期 約 3 回 / 秒、アベレージオンにて 2 秒間の平均処理
      ・ピーク電流値(PEAK)はピーク電流の絶対値の最大値を 0.3 秒または約 5 秒間保持します。
      ・電圧値の表示は AC モードでは RMS(実効値)に、DC モードでは AVE(平均値)になります。
    • *16 AC モード時:出力電圧 13.5V ~ 155V/27V ~ 310V、23℃± 5℃において。DC モード時:出力電圧 19V ~ 219V/38V ~ 438V、23℃± 5℃において。
    • *17 クレストファクタ 3 以下の波形において。定格最大電流の 5%~ 100%、23℃± 5℃において。
    • *18 出力電圧が 50V 以上、出力電流が定格最大電流の 10%~ 100%、負荷力率 1、出力周波数 45Hz から 65Hz または DC、23℃± 5℃において。
    • *19 出力電圧 100V/200V(155V/310V レンジ)、最大電流、負荷力率 1 において。

  • 項目/形名PCR500MAPCR1000MAPCR2000MAPCR4000MA
    絶縁抵抗入力⇔シャシ、
    出力⇔シャシ、
    入力⇔出力間
    DC500V、30MΩ以上
    耐電圧入力⇔シャシ、
    出力⇔シャシ、
    入力⇔出力間
    AC1.5kV、1分間
    接地連続性AC25A、0.1Ω以下
    電磁適合性 (EMC) *1*2以下の指令および規格の要求事項に適合
    EMC指令 2014/30/EU
    EN 61326-1(Class A) EN 61000-3-2 EN 61000-3-3
    適用条件:負荷線は30m未満、その他本製品に接続するケーブルおよび電線は、すべて3m未満を使用
    安全性 *1以下の指令および規格の要求事項に適合
    低電圧指令 2014/35/EU、EN 61010-1(Class 1,汚染度 2)
    回路方式PWMインバータ方式
    環境動作環境屋内使用、過電圧カテゴリⅡ
    動作温度・湿度範囲0℃~40℃、20%rh~80%rh (結露なし)
    保存温度・湿度範囲0℃~40℃、20%rh~80%rh (結露なし)
    高度2000mまで
    外部寸法214W×124(155)H×350
    (400)Dmm
    429(450)W×128(150)H×
    350(400)Dmm
    429(450)W×128(150)H×
    450(510)Dmm
    429(440)W×262(285)H×
    520(575)Dmm
    質量約 6.5kg約 11kg約 16kg約 32kg
    入力端子インレットM4端子台M6端子台M6端子台
    出力端子M4端子台M6端子台
    付属品電源コード1本
    プラグ付き
    線長:約2.5m
    1本
    3芯キャブタイヤケーブル太さ:3.5m㎡
    プラグ無し
    線長:約3m
    1セット
    コア付き
    単芯ケーブル3本
    太さ:5.5m㎡
    プラグ無し
    線長:約3m
    1セット
    単芯ケーブル3本
    太さ:14m㎡
    プラグ無し
    線長:約3m
    コア1個1個1個1個
    結束バンド1個1個1個1個
    CD-ROM *31枚
     パッキングリスト×1部、クイックリファレンス×各1部(和文/英文)、安全のために×1部
    • *1 特注品、改造品には適用されません。
    • *2 パネルに CE マーキングの表示のあるモデルに対してのみ。
    • *3 ユーザーズマニュアル、通信インターフェースマニュアル、を収録。

  • 入力端子最大許容入力電圧± 15V
    形状BNC
    入力インピーダンス10k Ω ± 5%(不平衡)
    対接地電圧42Vpk
    EXT-AC モード *1入力電圧範囲0V ~± 10V( 直流 )
    電圧増幅率(155V/310Vレンジ)15.5 倍 /31 倍
    周波数設定範囲40Hz ~ 500Hz
    EXT-DC モード入力電圧範囲*2ATT OFF 時0V ~± 2.19Vpeak( 0 ~ 155Vrms 正弦波)
    ATT ON 時0V ~± 10V(直流)
    入力周波数範囲ATT OFF 時40Hz ~ 500Hz(正弦波)/40Hz ~ 100Hz(方形波)/DC
    周波数特性ATT OFF 時500Hz -0.3dB(TYP 値) 55Hz を基準として
    電圧増幅率 (155V/310Vレンジ)ATT OFF 時100 倍 /200 倍
    ATT ON 時21.9 倍 /43.8 倍
    出力電圧歪率 *3本体仕様 + 0.5 %以下
    • *1 常時 ATT ON で使用。
    • *2 電圧、電流、電力の計測可能範囲は DC および 40 Hz ~ 500 Hz。入力する波形周期に合わせて、周波数を設定。
    • *3 EXT-AC モードでは直流入力、EXT-DC モードでは歪率 0.1 %以下の正弦波を入力した場合。

  • LANIEEE802.3 100base-TX/10Base-T Ethernet LXIDevice Core
    Specification 2011 Rev 1.4に準拠、RJ-45コネクタ
    USBUSB 2.0 仕様に準拠、通信速度480Mbps(HighSpeed)
    USBTMC-USB488 デバイスクラス仕様に準拠
    GPIB(IB22:オプション)IEEE STD .488.1-1978 仕様に準拠
    SH1, AH1,T6, L4, SR1, RL1, PP0, DC1, DT1, C0, E1
    共通ソフトウエアプロトコルIEEE488.2 STD 1992
    コマンド言語SCPI Specification 1999.0
     

ラインアップ

オプション

シリーズ共通オプションです。詳しいオプション製品については製品単体ページにてご確認ください。

インターフェース・ボード

LAN-RS232Cコンバータ

XDT2321002-01-S xDirect232版 RS232C(ACアダプタ付)/(LAN-RS232Cコンバータ)(検証済) LANTRONIX社 xDirect 【注意事項】※LAN-RS232Cコンバータを用いてのRS232C制御については、LANTRONIX者の取扱説明書を参照してください。※パソコン等との組み合わせ(動作)については、保証いたしかねます。あらかじめご了承ください。

カタログ

お気軽にご質問・ご相談ください

カタログダウンロード一覧を見る
導入検討中・見積り依頼メールで問い合わせる