close

検索

サイト内の記事と製品を検索

製品のみを検索

家電・産業機器

1.低周波EMC試験

2.残留電荷測定試験

このページの使い方

操作

やじるし

画面右下のコントローラー、またはお手元のキーボードで画面を上下左右移動できます。
スクロール機能は使用しません。

スライドマップ

マップ

スライドマップをクリックするとスライド全体を見渡せます。
スライド内で迷子になった時に便利です。

フルスクリーン

フルスクリーン

スライドはフルスクリーンで閲覧をおすすめしています。
(フルスクリーンを終了するにはESCキー)

すみずみまで御覧ください

1.低周波EMC試験

「IEC61000コンプライアンステストシステム」

本システムは、交流電源環境における様々な現象をシミュレーションすることができます。低圧配電系統に接続される電気・電子機器、およびDC電源入力ポートを持つ電気・電子機器のイミュニティ試験に使用できます。試験条件は規格範囲を超えて設定できるので、規格試験前の予備試験、イミュニティの余裕度試験およびストレス試験に使用できます。さらに高調波/フリッカアナライザKHAシリーズでは、交流安定化電源PCR-WEA/WEA2、PCR-LE/LE2シリーズおよびライン・インピーダンス・ネットワークLINシリーズとアプリケーションソフトウェアを組み合わせて、IEC規格およびJIS規格に適合した試験ができます。

  • IEC61000-4シリーズ 電源線妨害イミュニティ試験システム
  • IEC61000-3シリーズ 高調波/フリッカ測定試験システム
  • LIN(ライン・インピーダンス・ネットワーク)75A対応
  • DSI(ディップシミュレータ)75A対応

※DC入力ポートのイミュニティ試験には一部制限のかかるものがあります。

電源装置、測定器、周辺機器を同一メーカーでシステムを組みたい!

キクスイならワンストップでシステムアップを実現!

組み合わせ例

単相システム・三相システム

2.残留電荷測定試験

「残留電荷測定装置 SPEC40509」

残留電荷測定とは、消費者が電気製品の通常使用で電源プラグを引き抜いた直後に、そのプラグの刃に触れた時に一時側回路のコンデンサに蓄電された電荷による感電防止の為に、プラグの刃に残留する電圧を測定し、安全性を確認します。面倒なプラグの引き抜き作業をすることなく、簡単・確実に行うことが可能です。

  • 電気用品電安法、IEC60950-1、IEC60601-1、IEC60335-1などに対応
  • 電圧測定間L-G/L-N/N-G切替可能スイッチ付
  • ピーク電圧で自動遮断するので、1回の測定で可能

交流安定化電源を使用して簡単に残留電荷を測定したい

残留電荷測定装置を接続して、1回で測定可能

代表的な試験方法

機器に定格電圧を加え、ピーク電圧で機器を電源から切り離してから1秒後にプラグ刃間の電圧が45V以下である事を確認します。通常、手作業によりプラグを引抜きますが、電圧の最大値を測定する必要があるため、10回程度繰り返す事が望ましいとされています。

※電源を切り離してから測定するまでの時間や安全電圧のレベルは規格により異なります。規格は電気用品安全法、IEC60950-1、IEC60601-1、IEC60335-1など。

代表的な試験方法

構成例

※残留電荷測定は本残留電荷測定装置と菊水電子の交流電源PCR-WE/LE/LA/L/Wシリーズを組み合わせて使用することにより可能になります。(PCR-Wシリーズの場合は、電源本体の改造になります。)

ピーク電圧で自動遮断。1回の測定でOK!

従来、残留電荷測定は手作業でプラグを引き抜いて試験を行っていましたが、本器の使用により対象製品の電源プラグを装置のマルチコンセントへ接続、タイマーをセットしSTARTボタンを押すだけで、ピーク電圧で電源を遮断し、設定された時間経過後のプラグ刃間電圧がメーターに表示されます。また、オシロスコープでの波形観測用端子も整備しており、波形を記録する時に便利です。

※プラグ刃間の電圧は、最大値を測定する事となっています。電源電圧のピークでプラグを引き抜く事ができれば1回の測定で良いとされています。(モータ等の回生負荷である場合は、数回行う必要があります)
※電源遮断動作について、PCR-WEAのみ電源遮断位相角90°(±10°)または270°(±10°)設定可能です。その他のモデルは電源遮断位相角90°(±10°)です。

KIKUSUI magの関連記事

製品の購入検討/お見積り依頼

お問い合わせフォームをご利用の際は、必ずプライバシーポリシーをご一読ください。

2営業日以内の回答を心がけていますが、3営業日経っても返答がない場合はお手数ですがお電話にてご連絡ください。

お気軽にご質問・ご相談ください

カタログダウンロード一覧を見る
導入検討中・見積り依頼メールで問い合わせる