AC耐電圧試験器

TOS5200

TOS5200

160,000 (税込:176,000

  • 高安定な出力を実現するPWMアンプ方式
  • 5kV/100mA(500VA)のAC耐電圧試験
  • 高精度計測±1.5% of reading(電圧計500V以上、電流計1mA以上にて)
  • ライズタイム/フォールタイムコントロール
  • キーロック&操作部カバー
  • USB、RS-232Cインターフェース搭載

高電圧注意


CE UKCA
製品の購入検討/お見積り依頼 myKIKUSUIに保存

myKIKUSUIとは?

商品コード: TOS5200
  • 製品詳細・仕様
  • 仕様・外形図
  • オプション
  • ダウンロード

製品詳細

信頼と実績が築くデファクト・スタンダード

AC耐電圧試験器TOS5200は、電気製品の安全確保に必要とされている4つの試験の中で耐電圧試験をするための試験器です。出力は5kV/100mA(AC)で、IEC、EN、UL、VDE、JISなど各国の安全規格および電気用品安全法の要求事項に基づく電子機器、電子部品の耐電圧試験が可能です。

また、新開発のスイッチングアンプを採用することにより試験電圧の安定性を向上。ACライン電圧や周波数が変化しても出力電圧を一定に保つことができるため、電源環境が不安定な地域でも安定した試験が行えます。様々なテストニーズに対応できる機能装備も充実。操作性・確実性・安全性を徹底した低価格なAC耐電圧試験器の「基準」モデルです。

信頼と実績が築くデファクト・スタンダード

ご参考:従来製品TOS5050Aとの比較(違い)

仕様比較項目TOS5200TOS5050A
外観TOS5200TOS550A
試験電圧出力方式PWMアンプ方式スライドトランス方式
歪率3%以下商用電源波形による
周波数50Hz/60Hz 切換え可商用電源波形に同期
出力電圧波形正弦波商用電源波形
電圧変動率10%以下15%以下
入力電圧変動率±0.3%
試験時間最小設定値0.1s0.5s
確度±(100ppm + 20ms)Fall Timeを除く±(100ppm + 20ms)
判定機能上限基準値設定AC:0.01mA-110mAAC:0.1mA-110mA
下限基準値設定AC:0.01mA-110mAAC:0.1mA-110mA
確度1.00mA≦i:±(1.5% of set)、
i <1.00mA:±(1.5% of set +30μA)
上限基準値:±(5%+20μA)
Rise Time / Fall Time コントロール機能
電圧計表示デジタルデジタル、アナログ
測定確度±1.5% of reading(500V以上)±1.5% f.s
電圧計/電流計真の実効値平均値応答実効値指示
USBインターフェースPOWERスイッチ、Key Lock以外の全機能
RS-232CインターフェースPOWERスイッチ、Key Lock以外の全機能データ・結果の出力
本体外形寸法(最大寸) 単位:mm320(330)W×132(150)H×350(420)D320W×132(150)H×300(365)D
重量約14kg約15kg
その他入力電源100Vac~240Vac100V±10%(※電源変更は要トランス交換)

入力電圧に影響されない高安定出力!

入力電圧に影響されない高安定出力

TOS5200は、PWMスイッチングアンプ方式により入力電圧に影響されず高安定出力が可能です。従来のスライドトランス方式では入力電圧の変動が出力に影響するため、正しく試験出来ないことがあります。歪んだ電圧を被試験物に印加する事は新品不良の原因を作ってしまう(部品劣化の加速)場合もあるのです。

TOS5200はACラインの変動に影響を受けず安定した高電圧を出力できます。特に海外など電圧変動の大きい地域でも「安心」して「安定」した信頼性の高い「安全」な試験が可能です。さらに出力周波数も50Hz/60Hz選択可能です。

安全性と機能性を高めた出力端子

突起部をなくしフラット化。新機構のLOW端子

フラット化した回転機構付きのHIGH端子とロック機構付きのLOW端子

実際に使用される現場の環境およびオペレータの安全に配慮し、HIGH側出力端子を操作部から一番遠い所に配置しました。回転機構によりケーブルのねじれ(断線)を防止します。 一方のLOW端子もロック機構を本体側に持たせる事でLOW側テストリードの金具を廃止しテストリードが傷つきにくくなりました。これら出力端子の突起部を無くす事により移動時などによる不意の破損を防止することが出来ます。また万一、被試験体と接続ケーブルが何かに引っ掛かったり、不用意な外力が加わった場合はHIGH(高圧)側は外れやすく、LOW(接地)側は外れにくい構造となっています。

誤挿入防止対策も万全。

誤挿入を防ぐためHIGH(赤)、LOW(黒)の色分けはもとより、端子形状も異なるものにしました。

ライズタイム/フォールタイムコントロール機能!

ライズタイム/フォールタイムコントロール機能

ライズタイムコントロール機能は、EUT(被試験物)に必要以上のストレスをかけてしまうのを防ぐための機能です。EUTの安全性を確認するために耐電圧試験を行いますが、耐電圧試験の試験電圧はEUTが取り扱う電圧の5倍〜10倍というとても高い電圧を印加します。ライズタイムなしで急激に高電圧を印加すると過渡的に大きな電圧が発生し、EUTに対してダメージを与える場合があります。

このため、各安全規格では耐電圧試験の方法を規定し試験電圧を徐々に規定の電圧まで上げて試験を実施するように求めています。TOS5200のライズタイムコントロール機能は電圧上昇時間は0.1sから10.0sまで(0.1s分解能)設定でき、また最初に印加するスタート電圧も試験電圧の50%(固定)に設定可能です。さらにフォールタイム機能により、PASS判定で終了後、徐々に試験電圧を降下させることができます。電圧降下時間は0.1s固定(OFFも可)です。

生産現場での誤操作を防止するパネルカバー

スイッチ類の格納をすることで、物理的な誤操作を防止します。

前面パネルの操作部カバーを取り外したところ

電子機器の生産ラインや検査ラインのワーカーは専門技術者ではないケースが多く、知らずに設定を変更してしまったり、誤操作をしてしまう可能性が高いです。これを防止するため、キーロック機能を装備するとともに、パネルを物理的に操作できなくするカバーを設けました。

前面パネルの操作部カバーを底面に収容

頻繁に試験条件を変えて試験を繰り返すような場合などパネルカバーを取り外したまま使用を続ける時には底面にパネルカバーを収納することが出来ます。

特長

測定誤差が少ない!±1.5% of「reading]と±1.5%「f.s」の違いは?

  • TOS5200は、reading:読み値に対して誤差を規定します
  • TOS5050Aは、f.s:フルスケール(最大値)に対して誤差を規定します

例えば、TOS5200で出力電圧1500V測定時は最大誤差ΔV= 1500(読み値)×1.5%=22.5Vとなりますが、TOS5050Aで出力電圧1500V測定時は0〜2.5kV/0〜5kV (2レンジ)を0〜2.5kVレンジに設定しますので、最大誤差ΔV=2500(最大値)×1.5%=37.5Vとなります。従って同じ1500V測定でも最大測定誤差が15Vもあります。

試験時間0.1秒から設定可能!タクトタイムの短縮に貢献します!

TOS5200では、測定確度を犠牲にすることなく試験時間を0.1秒から設定出来ます。これは、最短試験時間が0.5秒だったTOS5050Aと比べると5倍速い試験時間となり、タクトタイムの短縮へとつながります。タクトタイムの短縮は生産性の向上に直結するため、多くのユーザー様から試験時間の最小設定値の変更・改造を求められていました。しかしながら、測定の応答速度より早い試験時間では測定確度を極端に悪くしてしまうことが耐電圧試験の課題でした。

試験タイミングチャート
試験タイミングチャート

リーク電流設定値の分解能アップ!0.01mA〜設定可能!

TOS5200は判定基準値を0.01mA~110mAまで設定することが可能です。
(従来品 TOS5050A:0.1mA~110mA)

  • 製品や電子部品の実力値がどれぐらいあるかをより明確にすることができます。
  • 下限判定基準値の感度が上がったため、従来品以上に断線や接触不良等の検出が正確にできるようになります。しかも、真の実効値で測定します。

表示例

REMOTEコネクタ、USB/RS-232Cインターフェース、SIGNAL I/O

フロントパネルに当社オプション専用のREMOTEコネクタ、USBインターフェースを、またリアパネルにはRS-232Cインターフェースおよびスタート、ストップの操作や信号出力を備えた「SIGNAL I/O」を標準装備しています。

メモリ機能で簡単設定!

試験電圧、判定値、試験時間はキーを押してパネル中央のノブを回すだけ。一度設定した試験条件はパネルメモリに記憶させることができます。(3セット)

インターロック回路

外部装置と連動させて出力を遮断するインターロック機能を搭載しています。作業者の安全を確保するために、本体後面パネルのSIGNAL I/Oコネクタ1番ピン-13番ピンをオープンにするとインターロック機能が作動して、短絡するとインターロック機能が解除されます。

インターロック回路

誤操作による過電圧印加防止と出力電圧を監視

LIMIT VOLTAGE機能

あらかじめ設定した電圧以上に試験電圧を設定出来ないようにします。

出力電圧監視機能

出力電圧が設定値の(±350V)を越えた場合、出力を遮断してプロテクション状態に移行します。

ワールドワイド対応

グローバルに使用可能!!/出力周波数選択可能!!
入力電源変更することなく海外工場でもそのまま使用可能。また入力側の電源環境に依存しません。周波数50Hz/60Hzの安定した試験電圧を供給。

仕様

  • 耐電圧試験器部
    AC 出力部出力範囲0.05 kV ~ 5.00 kV
    設定確度± (2 % of set + 20 V) [無負荷時]
    設定範囲0.00 kV ~ 5.50 kV
    設定分解能10 V STEP
    最大定格出力 *1500 VA (5 kV/100 mA)
    最大定格電圧5 kV
    最大定格電流100 mA [出力電圧0.5 kV 以上]
    トランス容量500 VA
    出力電圧波形 *2正弦波
    ひずみ率出力電圧0.5 kV 以上:3 % 以下(無負荷時、および純抵抗負荷時)
    クレストファクタ√2 ± 3 % 以内(出力電圧800 V 以上、無負荷時)
    周波数50 Hz/ 60 Hz
    確度± 0.5 %(電圧上昇中を除く)
    電圧変動率10 % 以下(最大定格負荷→ 無負荷)
    入力電圧変動±0.3 %(5 kV 無負荷時、電源電圧90 V ~ 250 V)
    短絡電流200 mA 以上(出力電圧1.0 kV 以上)
    出力方式PWM スイッチング方式
    スタート電圧(Start Voltage)耐電圧試験開始時の電圧を設定電圧の50 % に設定可能
    制限電圧値(Limit Voltage)試験電圧設定の上限基準値を設定可能 AC: 0.00 kV ~ 5.50 kV
    出力電圧監視機能出力電圧が設定値の(± 350 V)を越えた場合に出力を遮断して保護動作
    電圧計デジタル測定範囲0.000 kV ~ 6.500 kV AC
    表示□ . □□□ kV
    確度V < 500 V:± (1.5 % of reading + 20 V)、
    V ≧ 500 V: ±1.5 % of reading
    応答 *3真の実効値/平均値応答実効値表示 切り替え可能
    ホールド機能試験終了時の測定電圧値をPASS、FAIL 期間中ホールド
    電流計デジタル測定範囲AC: 0.00 mA ~ 110 mA
    表示i = 測定電流
    i < 1 mA:□ . □□□ mA
    1 mA ≦ i < 10 mA:□ . □□□ mA
    10mA ≦ i < 100 mA:□□ . □□ mA
    100 mA ≦ i:□□□ . □ mA
    確度 *41.00 mA ≦ i:± (1.5 % of reading)、
    i < 1.00 mA: ± (1.5 % of reading + 30 μA)
    応答 *3真の実効値/平均値応答実効値表示 切り替え可能
    ホールド機能試験終了時の測定電流値をPASS 期間中ホールド
    判定機能判定方式/判定動作判定判定方法表示ブザーSIGNAL I/O
    UPPER FAIL上限基準値以上の電流を検出した場合に、出力を遮断しUPPER FAILと判定。FAIL 及びUPPERが点灯ONU-FAIL信号を出力
    LOWER FAIL下限基準値以下の電流を検出した場合に、出力を遮断しLOWER FAILと判定。電圧上昇中(RiseTime)および電圧下降中(Fall Time)は判定を行わない。FAIL 及びLOWERが点灯ONL-FAIL信号を出力
    PASS設定時間を経過して異常がなければ出力を遮断しPASS と判定。PASS が点灯画面に表示ONPASS 信号を出力
    • PASS 信号はPASS HOLD に設定されている場合にSTOP が入力されるまで連続出力
    • UPPER FAIL、LOWER FAIL 信号はSTOP が入力されるまで連続出力
    • FAIL またはPASS のブザー音量は調節可能
    • PASS 判定時のブザー音は0.2 s 固定、PASS HOLD 中も0.2 s でブザーOFF
    上限基準値設定 (UPPER)AC: 0.01 mA ~ 110 mA
    下限基準値設定 (LOWER)AC: 0.01 mA ~ 110 mA / OFF
    判定確度 *41.00 mA ≦ i:± (1.5 % of set)、i < 1.00 mA: ± (1.5 % of set + 30 μA)
    電流検出方法電流の真の実行値を算出して基準値と比較
    校正純抵抗負荷を用いて正弦波の実行値で校正
    時間電圧上昇時間 (Rise Time)0.1 s ~ 10.0 s
    設定分解能0.1 s
    電圧降下時間 (Fall Time)0.1 s / OFF(PASS 判定時のみ有効)
    試験時間 (Test Time)0.1 s ~ 999 s試験時間のオフ(TIMER OFF)機能あり
    設定分解能0.1 s ~ 99.9 s:0.1 s / 100 s ~ 999 s:1 s
    確度± (100 ppm + 20 ms) Fail Time を除く
    • *1 出力に対する時間制限について:耐電圧電圧発生部の放熱能力は、大きさ、重量、コストなどを考慮して、定格出力の1/2 の設計になっています。以下の制限内で使用してください。制限外で使用すると、出力部の温度が過上昇して、内部保護回路が作動する場合があります。そのときは試験を中断して正常温度に戻るまで待機してください。
    周囲温度上限基準値休止時間出力時間
    t ≦ 40 ℃AC50mA < i出力時間と同等以上最大30 分
    i ≦ 50 mA不要連続出力可能
    • (出力時間 = 電圧上昇時間 + 試験時間 + 電圧下降時間)
    • *2 試験電圧波形について:容量の値が電圧依存性のある試料(セラミックコンデンサ等)を負荷にした場合には、波形歪が発生することがあります。ただし試験電圧が1.5 kV の場合には、1000 pF 以下の容量の影響は無視できます。本製品の高電圧電源部はPWM スイッチング方式のため、試験電圧が500 V 以下ではスイッチングノイズ、スパイクノイズの占める割合が大きくなり、試験電圧が低くなるほど波形歪も大きくなります。
    • *3 真の実効値、平均値のいずれにおいても、測定確度をみたすには50ms以上の応答時間が必要です。
    • *4 電流計確度、判定確度について:AC 耐電圧試験では、測定リードや治具などのストレー容量にも電圧が流れます。ストレー容量に流れる電流は、被試験器に流れる電流に加算されて測定されます。特に高感度、高精度の判定をする場合には、ストレー容量に流れる電流を上限/下限基準値に加える等の考慮が必要です。
    出力電圧1 kV2 kV5 kV
    長さ350 mm のリード線を空中吊り時(TYP 値)2 μA4 μA10 μA
    付属の高電圧テストリードTL31-TOS 使用時(TYP 値)16 μA32 μA80 μA
    • 湿度70%以上の場合には、50μAを加算します。

  • テストモードダブルアクション機能(Double Action)STOP スイッチを押し離してから0.5 秒以内にSTART スイッチを押したときのみ試験を開始
    PASS 判定保持時間(Pass Hold)PASS 判定を保持する時間を設定:50 ms/ 100 ms/ 200 ms/ 1 s/ 2 s/ 5 s/ HOLD
    モーメンタリ機能(Momentary)START スイッチを押している間のみ試験を実行
    フェイルモード機能(Fail Mode)リモートコントロールのストップ信号によるFAIL、またはPROTECTION の解除を無効
    タイマー機能(TIMER)設定された時間が経過したら試験を終了
    出力電圧監視機能(Volt Error)出力電圧が設定値の±350 V を超えた場合にPROTECTION 状態に移行し、出力を遮断して試験を停止
    メモリー(Memory)最大3 通りの試験条件を記憶
    キーロック(Key lock)パネルからの設定/変更操作のみを無効にする
    保護機能以下の条件の場合にPROTECTION 状態に移行し、直ちに出力を遮断して試験を停止。画面の「PROTECTION」が点灯
    Interlock Protectionインターロック信号の入力を検出した場合
    Power Supply Protection電源部の異常を検出した場合
    Volt Error Protection出力電圧を監視して、規定の範囲を超える電圧を検出した場合、耐電圧試験:±350 V
    Over Load Protection出力電力を監視して、出力制限電力を超える電力を検出した場合、耐電圧試験: 550 VA
    Over Heat Protection本製品内部の温度が異常に上昇した場合
    Over Rating Protection耐電圧試験時の出力電流が規定時間を超えて出力された場合
    Remote Protection前面パネルのREMOTE コネクタの脱着を検出した場合
    SIGNAL I/O Protection後面パネルのSIGNAL I/O コネクタのENABLE 信号が変化した場合
    USB Protectionリモートコントロールで動作中に USB コネクタが抜けたか不備を検出した場合
    インターフェースUSBUSB Specification 2.0(標準 B タイプソケット)
    RS-232C *1D-SUB 9 ピンコネクタ(EIA-232-Dに準拠) POWERスイッチ、Key lock以外の全機能
    REMOTE前面パネル9 ピンMINI DIN コネクタ オプションを接続してスタート/ストップのリモートコントロールが可能
    SIGNAL I/O後面パネルD-sub 25 ピンコネクタ
    • *1 RS232C使用時には、トークモードの設定ができます。
    トークモード説明
    0パソコンからのコマンドのみ応答。(工場出荷時)
    1試験開始時と試験終了時に、自動的に応答。本製品の状態、設定値、および測定値を返します。
    試験開始時の応答
    試験終了時の応答状態、または
    設定値、測定値試験番号、プログラム番号、試験モード、電圧測定値、電流測定値、試験時間
    ●SIGNAL I/Oピンアサイン
    ピン番号信号名I/O後面パネルD-sub 25 ピンコネクタ
    1INTERLOCK+I+端子、-端子をオープンにすると出力を遮断してProtection状態に移行。
    オープン:端子間抵抗値が1.2kΩ以上 ショート:端子間抵抗値が1kΩ以下
    2PM0Iパネルメモリーの選択信号
    入力ストローブ信号の立上りで選択信号をラッチしてパネルメモリーを呼び出し
    ※TEST SEL、AUTO SELよりメモリー選択が優先
    3PM1I
    4NC
    5NC
    6NC
    7NC
    8NC
    9STBIパネルメモリーのストローブ信号入力端子
    10TEST SELINA
    11AUTO SELINA
    12COM回路コモン端子
    13INTERLOCK-I+端子、-端子をオープンにすると出力を遮断してProtection状態に移行。
    オープン:端子間抵抗値が1.2kΩ以上 ショート:端子間抵抗値が1kΩ以下
    14HV.ONO試験中、および出力端子間に電圧が残留している間オン
    15TESTO試験中にオン(電圧上昇中、および電圧降下中を除く)
    16PASSOPASS と判定したときに約0.2 秒間オン
    PASS HOLD 時間がHOLD に設定されているときには連続オン
    17U-FAILO上限判定基準値以上を検出してUPPER FAILと判定したときに連続オン
    18L-FAILO下限判定基準値以上を検出してLOWER FAILと判定したときに連続オン
    19READYO待機中(READY状態)オン
    20PROTECTIONO保護機能作動時(プロテクション機能作動時)オン
    21STARTIスタート信号入力端子
    22STOPIストップ信号入力端子
    23ENABLEIスタート信号のENABLE信号入力端子 ENABLE信号が変化するとProtection状態に移行
    24+24V+24V内部電源出力端子 最大出力電流100mA
    25COM回路コモン端子

  • 表示LCD:LEDバックライト、カスタム表示
    環境設置場所屋内、高度2000 m まで
    仕様保証範囲温度/湿度5 ℃~ 35 ℃/20 % rh ~ 80 % rh(結露なし)
    動作範囲温度/湿度0 ℃~ 40 ℃/20 % rh ~ 80 % rh(結露なし)
    保存範囲温度/湿度-20 ℃~ 70 ℃/90 % rh 以下(結露なし)
    電源公称電圧範囲(許容電圧範囲)100 Vac ~ 240 Vac (90 Vac ~ 250 Vac)
    消費電力無負荷時
    (READY)
    100 VA 以下
    定格負荷時最大800 VA
    許容周波数範囲47 Hz ~ 63 Hz
    絶縁抵抗(AC LINEーシャシ間)30 MΩ 以上(500 Vdc)
    耐電圧(AC LINEーシャシ間)1500 Vac、1分間
    接地連続性25 Aac / 0.1 Ω 以下
    電磁適合性(EMC) *1以下の指令および規格の要求事項に適合
    EMC 指令 2004/108/EC EN 61326-1(ClassA *2)、EN 55011(ClassA *2、 Group1*3)EN 61000-3-2, EN 61000-3-3
    [適用条件]
    本製品に接続するケーブルおよび電線は、すべて2.5 m 未満を使用
    SIGNAL I/Oを使用する場合には、シールドケーブルを使用
    高電圧テストリードTL31-TOS を使用、試験器以外のところで放電していない状態
    安全性 *1以下の指令および規格の要求事項に適合
    低電圧指令 2006/95/EC、EN 61010-1ed3(Class I *4 , Pollution degree 2)
    外形寸法(最大寸)320(330)W×132(150)H×350(420)D mm
    質量約14 kg
    付属品電源コード1 本 / 高電圧テストリード(TL31-TOS) 1 組(赤黒各1 本、ワニ口クリップ付き、1.5 m) D-SUB25P プラグ1 個 組立式 / 高電圧危険シール1 枚 / パッキングリスト クイックリファレンス 和・英、各1枚/安全のために 1冊/CD-R *5
    • *1 パネルにCE マーキングの表示のある製品に限ります。特注品、改造品には適用されません。
    • *2 本製品はClass A 機器です。工業環境での使用が意図されています。本製品を住宅地区で使用すると干渉の原因となることがあります。 そのような場合には、ラジオやテレビ放送の受信干渉を防ぐために、ユーザによる電磁放射を減少させる特別な措置が必要となることがあります。
    • *3 本製品はGroup 1 機器です。本製品は、材料処理または検査/分析のために、電磁放射、誘導および/または静電結合の形で意図的に無線周波エネルギーを発生/使用しません。
    • *4 本製品はClass I 機器です。本製品の保護導体端子を必ず接地してください。正しく接地されていない場合、安全性は保障されません。
    • *5 ユーザーズマニュアル、通信インターフェースマニュアル、VISA ライブラリ(KI-VISA)、計測器ドライバ(IVI-COM)、安全評価試験を収録。

外形寸法図(mm)

TOS5200外形図

ダウンロード

カタログデータ

耐電圧試験器 TOS5200
ブラウザで閲覧

2D CADデータ

アイコン
アイコン

    取扱説明書

    お気軽にご質問・ご相談ください

    製品カタログダウンロード 一覧を見る
    導入検討・見積り依頼 お問い合わせ
    close

    検索

    5 customer service tips from LiveChat