SD019-PCR-LE/WE・SD020-PCR-LE/WE

グリッドシミュレータ

wavy_smart_grid_edition

198,000598,000

  • JEAC9701の試験要求に準じたシーケンスデータの読込み
  • 複数台連系試験に対応
  • 被試験物の出力容量に合わせて、交流電源を組み合わせ可能
  • 三相試験はPCR-LE/LE2本体のみでシステム構築可能

製品の購入検討/お見積り依頼 myKIKUSUIに保存
製品画像型名Price
グリッドシミュレータSD019-PCR-LE/WE単相3線対応PCR-WEA/WEA2シリーズ、PCR-LE/LE2シリーズ198,000
(税込:217,800
グリッドシミュレータSD020-PCR-LE/WE単相3線/三相PCR-WEA/WEA2シリーズ、PCR-LE/LE2シリーズ598,000
(税込:657,800
商品コード: wavy_smart_grid_edition
  • 対応規格
  • 動作環境・条件
  • ダウンロード

対応規格

JET認証試験パターンをライブラリから選ぶだけのかんたん設定

「Wavy Smart Grid Edition」は、経済産業省が定める「電力品質確保に係る系統連系技術要件ガイドライン」<電気安全環境研究所が発行する認証試験(以下、JET認証試験)>を支援するためのソフトウェアです。JET認証試験パターンをライブラリとして用意していますので、結線方式、試験選択をするだけで容易に試験を行うことができます。

また、モニタ機能として、出力の実行電圧、電流、ピーク電圧/電流、有効電力、皮相電力、力率などを計測する機能も備えています。

対応試験項目

  • 過電圧不足電圧試験
  • 周波数フィードバック機能試験
  • 復電後の一定時間投入阻止試験
  • 交流電圧追従試験
  • 電圧上昇抑制機能試験
  • 系統電圧位相急変試験
  • 瞬時電圧低下試験
  • 周波数変動試験(FRT 試験)
  • 系統電圧不平衡試験
  • 周波数上昇および低下試験
  • ステップ注入機能試験
  • 瞬時(不平衡)過電圧試験
  • 周波数追従試験
  • 系統電圧急変試験
  • 系統電圧不平衡急変試験
  • 瞬時電圧低下試験(FRT 試験)
  • 系統電圧歪耐量試験

*PCR-WE/WE2シリーズでは、単相3線での試験項目(U相とV相で異なる高調波重畳波形を出力)が非対応となります(詳細はお問い合わせください)。

  • 系統連系規定の試験要求に準じたシーケンスデータの読み込み
  • シーケンスの作成、保存、転送、実行
  • 任意波形の作成、保存、転送
  • 交流電源PCR-WE/WE2 シリーズ 本体のモニタ
  • 交流電源PCR-WE/WE2 シリーズ 本体の直接制御およびコマンド制御

動作環境・条件

  • Core2以上を搭載したパソコン
  • Microsoft Windows 8.1 / Windows 7 日本語版(32および64ビット版)
  • 最低2 GBのRAM
  • 10 GB以上の空き容量があるハードディスク
  • 解像度1024×768以上のディスプレイ(DPI設定:96DPI)
  • CD-ROMドライブ
  • マウス、またはその他ポインティングデバイス
  • USBポート(1ポート、USBドングルキー用)
  • RS232C、GPIB、USB、またはLANポート(いずれか1ポート、通信インターフェース用)
  • 接続ケーブル(通信インターフェース接続用)
    • RS232C:シリアルケーブル(クロスタイプ)
    • USB:USBケーブル
    • GPIB:IEEE488ケーブル
    • LAN(HUB経由接続):LANケーブル(ストレートタイプ)
    • LAN(直接接続):LANケーブル(クロスタイプ)
  • 当ソフトウェアは、USBドングルによるアクティベーションをおこないます

ご注意

  • 長期試験をする場合には、RAMを増設してください。2GBよりも大容量に増設することを推奨します。
  • IVI VISA仕様5.0に対応したVISAライブラリがパソコンにインストールされている必要があります。
  • USBシリアルコンバータを使用してRS232C接続すると、正常に動作しない場合があります。
  • PCR-WEシリーズを制御するには、下記のいずれかのVISAライブラリ※がパソコンにインストールされている必要があります。
    • National Instruments 社のNI-VISA(Ver.5.0.3 以降)
    • Agilent Technologies 社のAgilent VISA(Agilent IO Libraries Suite16.1 以降)
    • KI-VISA Ver 5.0.5以降

※VISA(ヴィサ:Virtual Instrument Software Architecture)ライブラリは、VXIplug&play Sytems Allianceによって策定された、計測器接続ソフトウェアの標準仕様です。KI-VISAはIVI VISA仕様5.0に対応した菊水電子工業のVISAライブラリです。NI-VISAまたはAgilent VISAがすでにインストールされている場合は、KIVISAは必要ありません。

ダウンロード

アップデータ/ドライバ

お気軽にご質問・ご相談ください

製品カタログダウンロード 一覧を見る
導入検討・見積り依頼 お問い合わせ
close

検索

5 customer service tips from LiveChat