LAN

PFX2731S

PFX2731S

2,800,000 (税込:3,080,000

  • 10ms連続計測(最速設定時)
  • 単セル評価に対応(Cレートで設定可能)
  • 多彩な充放電モード (計9モード)
    ・充電:CC、CC-CV、CP、CP-CV
    ・放電:CC、CC-CV、CP、CP-CV
    ・パターン充放電(CC(+CV)、CP(+CV))
  • 経路スイッチ内蔵により、異常検出時に速やかに試験を中断
  • 恒温槽(エスペック社製)4台との同期運転が可能
  • T型熱電対(オプション)による温度計測が可能
  • LANケーブルを接続するだけでシステム構築が可能
  • 充実の保護機能

LAN LXIUKCA

myKIKUSUIとは?

カート機能が動くまでの
商品コード: PFX2731S

製品概要

PFX2731Sは、ハイレート充放電試験に対応した6V-20A
6チャンネルのバッテリテスタです。PFX2731S専用のアプリケーションソフトウェアBPChecker4000(別売)を使用して操作を行います。1台のPCで最大4台(24チャンネル)まで操作が可能なため、必要なチャンネル数に応じた多チャンネル充放電システムの構築が可能です。また、ハードウェアとソフトウェアで独立した2系統の保護機能を有すると共に、誤配線を検出する結線確認機能や積算容量保護など多重化された保護機能により、長期間の連続試験を安全に行う事ができます。

システム構成

PFX2731S×1台をLANケーブルで接続した例


PFX2731Sを1台をLANケーブルで接続した例

PFX2731Sは、コントロール部と計測部、さらに6チャンネルの6V-20A充放電ユニットを一筐体に実装しており最大24チャンネルまでの充放電システムが省スペースで構築できます。各チャンネルは完全にアイソレートされていて、計測機能については各チャンネル毎に装備されているので、全チャンネル10msの連続データ記録が可能です。

PFX2731S×4台と恒温槽
4台をLANケーブルで接続した例


PFX2731Sを4台と恒温槽4台をLANケーブルで接続した例

※恒温槽との接続は、LANまたはRS485のいずれかとなります。RS485を使用する場合には、パソコンとの接続に別途USB変換器が必要です。

多彩な充放電モード

CC充電

定電流充電専用です。-dV検出や電池温度による-dT/dt検出に対応します。


CC充電

CC放電

一般的な定電流放電です。電圧や電池温度のほか、容量(Ah)による終止も可能です。


CC放電

CC-CV充電

定電流から定電圧に自動移行する充電方式です。CV時間やIt電流検出に対応します。


CC-CV充電

CC-CV放電

定電流から定電圧に自動移行する放電方式です。CV時間やIt電流検出に対応します。

CC放電プロファイルより深い放電が可能のため、高精度な放電容量測定に用いられます。


CC-CV放電

CP充電

定電力充電専用です。電圧が低い場合、リミット電流で充電電流を制限できます。

電圧や電池温度のほか、容量(Ah)による終止も可能です。


CP充電

CP放電

定電力放電専用です。電圧が低下して放電電流が上昇した場合には、リミット電流で制限できます。

電圧や電池温度のほか、容量(Ah)による終止も可能です。


CP放電

CP-CV充電

定電力から定電圧に自動移行する充電方式です。CV時間やIt電流検出に対応します。


CP-CV充電

CP-CV放電

定電力から定電圧に自動移行する放電方式です。CV時間やIt電流検出に対応します。

CP放電プロファイルより深い放電が可能のため、高精度な放電容量測定に用いられます。


CP-CV放電


パターン充放電(CC(+CV)、CP(+CV))

パターンはステップの集合体です。最大10万ステップのCCまたはCP充放電を高速に切り替えることができます。

ステップごとにCV電圧が設定可能であるため、より高度なパターン制御に対応しています。

規格試験のパターン充放電やシミュレーションパターンなど、ステップ数が多くてもExcelから入力できます。


パターン充放電(CC+CV、CP+CV)

100,000ステップのパターン充放電機能

CC/CPステップ値を最大100,000ステップまで設定することが可能です。1ステップあたり100ms~999.9sの時間幅で設定できます。また、ステップごとにCV電圧の設定が可能なため、各種規格試験のテストパターンやシミュレーションパターンなど複雑な充放電試験にも柔軟に対応できます。

Cレート設定機能で複雑な試験条件を簡単に変更

多様化する充放電試験のニーズに対応するため、Cレート設定機能を実装しました。プロファイルの充放電電流値を、公称容量入力値を基準とするCレート値で設定することが可能です。これにより数種類の電池を同じCレート条件及び試験パターンで試験したい場合には、公称容量入力値を変更するだけで、全プロファイルに試験条件が適用できます。

【Test Condition Editor】

公称容量値を基準にCレート換算するため、公称容量値を変更するだけで全ての試験条件の変更する事が可能です


公称容量値を基準にCレート換算

高速データサンプリング

電圧・電流計測には24ビットA/Dコンバータを採用。全チャンネル最速10msの連続データ取得が可能です。(データ記録時間は10ms、100ms、1sの中から選択)さらにデルタ電圧、デルタ電流の設定により、設定値を超えて電圧及び電流が変化した場合にもデータ取得が可能です。

*時間設定を短く指定した場合には、記録されるデータ量が多くなります。試験時間が長い場合(数時間以上)には、データ数が数千~数万になります。注意して設定してください。

高精度計測の実現

高精度計測回路が内蔵により、電池電圧、および充放電電流を高精度に検出します。(電圧計測:100μV分解能、電流計測:100μA分解能)

充実の保護機能

ハードウェア本体及びソフトウェアにて過充電・過放電等の保護機能を備えています。更に本体には経路スイッチが内蔵されており、異常を検出した際に速やかに試験を中断する高速遮断機能を装備しています。

●保護設定の主な項目と設定範囲
ZOOM
ハードウェア
ハードウェア過電圧保護(HOVP)0.000V〜6.300V
ハードウェア低電圧保護(HUVP)-1.100V〜5.700V
ハードウェア過電流保護(HOCP_Low Range)0.000A〜2.100A
ハードウェア過電流保護(HOCP_High Range)0.000A〜21.000A
ソフトウェア
ソフトウェア過電圧保護(SOVP)0.000V〜6.300V
ソフトウェア低電圧保護(SUVP)-1.100V〜5.700V
ソフトウェア過充電容量保護(SOAH)1.0000Ah〜2000.0000Ah
ソフトウェア過熱保護(SOTP)-100℃〜400℃
充電側の過電流保護(Charge OCP_Low Range)0.000A〜2.100A
充電側の過電流保護(Charge OCP_High Range)0.000A〜21.000A
放電側の過電流保護(Discharge OCP_Low Range)-2.100A〜0.000A
放電側の過電流保護(Discharge OCP_High Range)-21.000A〜0.000A
上限SOC 充電率(Over SOC)0.00%〜150.00%
下限SOC 充電率(Under SOC)0.00%〜10.00%

任意のポイントから試験を再開

停電やアラーム発生、またはユーザーご自身の操作により試験を停止した場合に、任意のポイントから試験を再開することが可能です。


任意のポイントから試験を再開

全チャンネル完全独立動作

各チャンネルは完全に独立しており、異なる試験条件、タイミングによる制御が可能です。

多彩な充放電終止条件 ※P6 充放電終止条件リスト参照

充電終止条件および放電終止条件は、電圧、時間、温度の設定のみならず、It電流値やSOCによる終止条件も設定することができます。

手軽にファームウェアを更新

当社WEBサイトからファームウェアアップデータをダウンロードすることで、PFX2731Sのファームウェアを最新の状態に更新できます。

アプリケーション

SD035-PFX BPChecker4000

BPChecker4000を使用することで、バッテリの充放電特性試験の条件設定や実行、試験結果の保存を行うことができます。BPChecker4000は、試験条件を作成するTest Condition
Editorと試験を実行するTest Executiveの2つのプログラムによって構成されています。

【Test Condition Editor】

充放電に関わる全ての試験条件の作成および編集を行うプログラムです。プロファイルを作成した後、シーケンスや全般の設定等を行いプロジェクトを作成します。BPChecker4000は、このプロジェクト単位で試験を実行します。

【プロジェクト全般の設定画面】


プロジェクト全般の設定画面

【ソフトウェア概念図】


ソフトウェア概念図

●電池温度の休止終了条件(Rest
Temp)の設定が可能
休止時間の設定は、充電終了後の定めた時間(固定時間)設定の他に電池温度による休止終了条件の設定もできます。
●ポーズ機能搭載
プロファイルタイプの中には、ポーズ機能があります。
この機能を使用することで、試験を一時停止する事ができます。

【Test Executive】

Test Executive は、PFX2731Sの各チャンネルにTest Condition Editorで作成したプロジェクト(試験条件)を割り当てて充放電試験を実行するプログラムです。


Test Executive1


Test Executive2

BPChecker4000の動作環境

  • OS:Windows 11、Windows 10 Pro(64 bit)
  • プロセッサ:Core i5以上
  • メモリー:8GB以上
  • ストレージ:2ドライブ構成を推奨Drive1 SSD空き容量150GB以上(System Drive)Drive2 HDD空き容量540GB以上(Data Drive)
  • ディスプレイ:1280×1024ドット以上の解像度、19インチ以上
  • 通信:有線LAN(100Base-TX)
  • CD-ROMドライブ
  • KI-VISA

仕様

定格出力

ZOOM
項目仕様
出力数6ch(1 フレームあたり)
アイソレーションch間、chーシャシ間
充電電流範囲2Aレンジ0.0000A〜2.0000A
20Aレンジ0.000A〜20.000A
充電電圧範囲-1.000V〜6.000V
放電電流範囲2Aレンジ0.0000A〜2.0000A
20Aレンジ0.000A〜20.000A
放電電圧範囲-1.000V〜6.000V

* 試料ケーブル5.5 mm2 5 m以下にて


設定確度

Static

ZOOM
項目仕様
定電流充放電2Aレンジ範囲0.0000A〜2.0000A
確度 *1±(0.15% of setting + 1.0 mA)
分解能0.1mA
20Aレンジ範囲0.000A〜20.000A
確度 *1±(0.15% of setting + 10.0 mA)
分解能1mA
定電圧充放電範囲-1.000V〜6.000V
確度 *1±(0.05% of setting + 1.2 mV)
分解能1mV
定電力充放電 *22Aレンジ範囲-0.100W〜12.000W
確度 *1 *3±(0.5% of setting + 0.01 W)
分解能1mW
20Aレンジ範囲0.10W〜120.00W
確度 *1 *3±(0.5% of setting + 0.1 W)
分解能10 mW

Pattern

ZOOM
項目仕様
定電流パターン2Aレンジ範囲-2.0000A〜2.0000 A(- 値は放電電流)
確度 *1±(0.15% of setting + 1.0 mA)
分解能0.1mA
20Aレンジ範囲-20.000A〜20.000A
確度 *1±(0.15% of setting + 10.0 mA)
分解能1mA
設定数100000step(最大ステップ数)
範囲100ms〜999.9s(1 ステップの時間幅)
分解能100ms
切替時間 *4最大100ms
定電力パターン *22Aレンジ範囲-12.000W〜12.000 W(-値は放電電流)
確度 *1 *3±(0.5% of setting + 0.01W)
分解能1mW
20Aレンジ範囲-120.00W〜120.00W
確度 *1 *3±(0.5% of setting + 0.1W)
分解能10mW
設定数100000step(最大ステップ数)
範囲100ms〜999.9s(1 ステップの時間幅)
分解能100ms
切替時間 *4最大100ms

*1 周囲温度:18℃~28℃の範囲において。 *2 電池電圧を計測して、設定された電力値からソフトウェア演算により制御電流(定電流制御)を算出しています。 *3 電池電圧範囲1V~6V 以上において。 *4 充電→放電、放電→充電 の切替に必要な最大時間。


計測確度

ZOOM
 仕様
Static/ Pattern
充放電 電流計測範囲2Aレンジ-2.00000A〜2.00000A
20Aレンジ-20.0000A〜20.0000A
確度 *12Aレンジ±(0.15% of reading + 1.0 mA)
20Aレンジ±(0.15% of reading + 10.0 mA)
分解能2Aレンジ0.01mA
20Aレンジ0.1mA
電圧計測範囲-2.0000V〜7.0000V
確度 *1±(0.05% of reading + 1.2 mV)
分解能0.1mV
入力抵抗10GΩ(-2V〜7Vの範囲において)
電力計測範囲2Aレンジ-12.000W〜12.000W
20Aレンジ-120.00W〜120.00W
確度ソフトウェア演算(電圧計測 × 電流計測)
分解能2Aレンジ1mW
20Aレンジ10mW
容量計測範囲 *2-100.0000Ah〜100.0000Ah
確度ソフトウェア演算(電圧計測 × 電流計測)
分解能 *20.1mAh
時間 *3確度 *1 *4±10ppm(TYP 値)

*1 周囲温度:18℃~28℃において。 *2 2A/20Aレンジ共通。 *3 充放電時における経過時間に用いる信号源の確度。 *4 月差30秒相当。


温度計測

ZOOM
熱電対電圧(温度)計測部仕様
計測端子数1ch毎
熱電対種類T型
範囲-100.0℃〜400.0℃ *1
確度 *2 *3±1.5℃(TYP値)
基準接点確度 *2 *4±0.7℃(TYP値)
分解能0.1℃
計測間隔2s

*1 範囲外では確度保証されません。熱電対の仕様により異なります(熱電対のクラス、線径、被覆により使用温度範囲が異なります)。 *2 周囲温度:18℃~28℃において。 *3 熱電対キャリブレータが発生する電圧を計測した場合(熱電対の許容差は含みません)。 *4 基準接点(冷接点)温度計の性能を示しています。


充放電終止条件リスト

ZOOM
充放電モード終止条件
 最大 電圧最小 電圧充電または放電開始 からの定めた時間定電圧動作開始 からの定めた時間定電圧動作開始 からの定めた電流It Currentを 下回った後の 定めた時間-dV (マスク時間 設定可)dT/dt (℃/min)積算電流 (Ah)積算電力 (Wh)最大 SOC最小 SOCパターン充放電 開始からの時間ループ (繰り返し) 回数電池 温度
定電流充電(CC)       
定電流−定電圧 充電(CC-CV)       
定電力充電(CP)         
定電力−定電圧充電(CP-CV)       
定電流放電(CC)         
定電流−定電圧 放電(CC-CV)       
定電力充電(CP)         
定電力−定電圧放電(CP-CV)       
パターン定電流充放電(Pattern)      

保護機能

過電圧(過充電)保護

ZOOM
項目仕様
過電圧(過充電)保護
ソフトウェア OVP設定範囲0.000V〜6.300V
分解能1mV
設定確度*1電圧計測確度に依存
動作時間最大50ms
ハードウェア OVP *2設定範囲0.0V〜6.6V
分解能100mV
設定誤差*1±0.5% of rating
動作時間10ms(TYP 値)過電圧の検出から出力遮断まで

低電圧(過放電)保護

ZOOM
項目仕様
ソフトウェア UVP設定範囲-1.100V〜5.700V
分解能1mV
設定確度*1電圧計測確度に依存
動作時間最大50ms
ハードウェア UVP *2設定範囲-1.1V〜6.0V
分解能100mV
設定誤差*1±0.5% of rating
動作時間10ms(TYP 値)低電圧の検出から出力遮断まで

過電流保護

ZOOM
項目仕様
ソフトウェア OCP設定範囲充電2Aレンジ0.000A〜2.100A
20Aレンジ0.000A〜21.000A
放電2Aレンジ0.000A〜2.100A
20Aレンジ0.000A〜21.000A
分解能*31mA
設定確度*1電流計測確度に依存
動作時間最大50ms
遅延時間0ms〜検出遅延タイマーの時間設定
ハードウェア OCP *2設定範囲充電/ 放電2Aレンジ0.0A〜2.2A
20Aレンジ0.0A〜22.0A
分解能*3100mA
設定誤差*1±0.5% of rating
動作時間10ms(TYP 値)過電流の検出から出力オフまで

過充放電容量保護

ZOOM
項目仕様
ソフトウェア OAH *4設定範囲1.0000Ah〜2000.0000Ah
設定確度*1電流計測確度とメインCPU のクロック確度に依存
分解能0.1mAh

温度(過温度)保護

ZOOM
項目仕様
ソフトウェア OTP設定範囲-100℃〜400℃
設定確度*1温度計測確度に依存
分解能1℃

*1 周囲温度:18℃~28℃において *2設定値は充放電ユニット内で保持されます。 BPC4000 によって試験が実行されていない状態でも常時試料を保護します。 *3 2Aレンジ/20Aレンジ共通 *4 公称容量対して、設定された百分率を掛けた値をアプリケーションソフトが計算して容量で設定します。


一般仕様

ZOOM
項目仕様
公称入力定格200Vac〜240Vac、50Hz/60Hz、単相
入力電圧範囲180Vac〜250Vac
最大消費電力最大1870VA1フレーム(6 チャンネル)定格充電時
環境条件動作温度0℃〜40℃
湿度範囲20%rh〜85%rh(結露なし)
保存温度-10℃〜60℃
湿度範囲0%rh〜90%rh(結露なし)
動作環境屋内、過電圧カテゴリII
高度2000mまで
対接地電圧入出力端子⇔シャシ最大±50V
絶縁抵抗一次⇔シャシ500Vdc、30MΩ以上、70%rh以下
一次⇔入出力端子*1500Vdc、30MΩ以上、70%rh以下
入出力端子⇔シャシ*150Vdc、30MΩ以上、70%rh以下
耐電圧一次⇔シャシ1500Vac、1 分間にて異常なし
一次⇔入出力端子*11500Vac、1 分間にて異常なし
外形寸法(最大寸)440(482)W×173 H×620(695)Dmm
質量約34kg
付属品電源コード×1、後面パネルカバーセット×1、温度測定ボックス×6、温度測定用ケーブル×6、TRIPコネクタ×1、シグナルI/Oコネクタ×1、LANケーブル×1、重量物警告シール×1、取扱説明書(和・英)×1、安全のために×1 ※ケーブルセットは付属されておりません。  オプションのケーブルセットを本体と合わせてご購入ください。
電磁適合性*2 *3以下の指令および規格の要求事項に適合 EMC 指令2014/30/EU *3 EN 61326-1 (Class A*4) EN 55011 (Class A*4、Group 1*5) EN 61000-3-2 EN 61000-3-3 適用条件 本製品に接続するケーブルおよび電線は、 すべて5m未満を使用
安全性*2以下の指令および規格の要求事項に適合 低電圧指令 2014/35/EU *3 EN 61010-1 (Class I*6, 汚染度2*7) EN 61010-2-030

*1 入出力端子とは試料に接続する充放電端子、電圧センシング端子、外部信号入出力を示します。 *2 特注品、改造品には適用されません。 *3 本体にCE マーキング/ UKCA マーキングの表示のある製品に対してのみ *4 本製品はClass A 機器です。工業環境での使用が意図されています。 本製品を住宅地区で使用すると干渉の原因となることがあります。 そのような場合には、ラジオやテレビ放送の受信干渉を防ぐために、ユーザによる電磁放射を減少させる特別な措置が必要となることがあります。 *5 本製品はGroup 1 機器です。本製品は、材料処理または検査/分析のために、電磁放射、誘導および/または静電結合の形で意図的に無線周波エネルギーを発生/使用しません。 *6 本製品はClass I 機器です。本製品の保護導体端子を必ず接地してください。 正しく接地されていない場合、安全性は保証されません。 *7 汚染とは、絶縁耐力または表面抵抗率の低下を引き起こし得る異物(固体、液体、または気体)が付着した状態です。汚染度2 は、非導電性の汚染だけが存在し、ときどき、結露によって一時的に導電性になり得る状態を想定しています。


特に指定のない限り、仕様は下記の設定および条件に準じます。

  • ウォームアップ時間は、30分とします。

用語の定義は下記のとおりです。

  • TYP値:周囲温度23℃の代表的な値です。性能を保証するものではありません。
  • setting:設定値を示します。
  • reading:読み値を示します。
  • rating:定格値を示します。
  • Static:CC充電/CC-CV充電/CC放電/CC-CV放電/CP放電/CP-CV放電の総称です。
  • Pattern:パターン充放電の総称です。

C レート入力対応

  • 各CC値/パターン充放電のステップ電流値/リミット電流値/終止条件の電流容量値/Itカット電流値はCレートで設定できます。
  • Cレート計算仕様 公称容量設定値を1Cとします。
    Cレートの設定範囲/0.001~99.999(レンジ共通)
    Cレート→電流値/容量値換算結果は制御分解能以内に四捨五入されます。

外形寸法図(mm)

PFX2731Sの外見寸法図

後面パネル

PFX2731Sの後面パネル

製品カタログ

取扱説明書

お気軽にご質問・ご相談ください

製品カタログダウンロード 一覧を見る
導入検討・見積り依頼 お問い合わせ
close

検索

5 customer service tips from LiveChat