USBLAN

コンパクト無線機テスタ

8800SX

8800SX

0 (税込:0

  • ポータブルとしても使用可能なベンチタイプ無線機テストセット
  • アナログ無線機だけでなく、各種デジタル無線機の試験に対応
  • 500Wのインラインパワーメータを搭載
  • デジタルマルチメータ(DMM)を搭載
  • 12インチのタッチパネルスクリーン
  • レコード&プレイバック機能(デジタル無線機)
  • トラッキングジェネレータ機能でVSWR、リターンロス、Distance to Fault(障害位置測定)、デュプレクサ・チューニングに対応
  • デジタル無線の音声チェックに便利なプレイバック機能

VIAVI SOLUTION


myKIKUSUIとは?

カート機能が動くまでの
商品コード: 8800SX

製品概要

コンパクト無線機テスタ

新型無線機テスタ8800SXは、125Wの直接入力可能により、あらゆる試験環境に対応します。

8800SXは、ベンチからフィールドの使用に適応したハイブリッドポータブル設計、業界最大のタッチスクリーンディスプレイ、優れた耐久性、高い電力確度、バッテリーの内蔵、先進の自動化試験・調整、高速なVSWR・リターンロス・ケーブルフォルト計測により、RF測定のプロが要求する無線機試験全般に対応できるツールです。

基本性能

アナログ・デジタル試験機能を完備

8800SXは、アナログおよびデジタルシステム双方のための、先進の周波数、電力、そして変調解析機能により設計されています。タッチパネル操作による広い画面と測定パネルを任意に組み合わせることができるGUIにより、より早く快適に計測できる環境を提供します。

アナログ試験画面の例

▲デジタル試験画面の例

カラーメータ

8800SXは、測定値だけではなくpass/failテスト結果を素早く判定できる「色」で表示するメータを装備しています。設定タイルからユーザー自身が各メータの上下限値を設定・保存することができます。設定された上下限値を超える計測値は赤色で表示され、上下限値以内の値は青で表示されます。試験者はメーターの色を監視することによって、GO/NOGO判定を素早く行う事ができます。

カラーメータ

  • RFエラー
  • 周波数
  • オーディオレベル
  • RF電力
  • SINAD
  • オーディオ周波数
  • デジタルマルチメータ

広帯域アナライザとオシロスコープ

現場レベル試験機器としての十分な装備に加え、8800SXは、最大6色のマーカーを持つ50MHzの広帯域アナライザを装備しています。このパワフルな機能は、希望信号、妨害、他のスペクトラム異常の観測が可能です。またオシロスコープ機能により、デコードされた音声信号を波形で確認することができます。

オシロスコープ

デジタル試験機能

8800SXは、デジタルシステム向けの試験機能として、以下の機能を備えています。

デジタル試験画面の例

  • デジタルテストパターン
  • 分布、コンスタレーション、アイダイヤグラムプロット
  • デジタル音声品質確認
  • DMR用のマスク付 TDMAバーストプロファイル
  • メータ
  • 信号電力
  • FSKエラー
  • マグニチュードエラー
  • 振幅エラー
  • スロット電力
  • シンボルデビエーション
  • シンボルクロックエラー

デジタルプロット

無線機の変調器の適切な解析には、分布、アイダイヤグラム、コンスタレーションのようなデジタル変調解析プロットを必要とします。これらのプロットは、デビエーションとシンボルクロックエラーのような問題の視覚的な診断を提供し、故障した無線機が使われる前に捕捉できます。8800SXは、これらのプロットのみならず、デジタルプロット間の切り替えを素早くできるようにした機能により、最小の時間でフルに解析が可能です。

アイダイヤグラム画面の例

ディストリビューション画面の例

DMRパワープロファイル画面の例

デジタル音声テスト

8800SXは、PN9などのデジタルテストビット信号だけでなくおおよそ1kHzの音声トーン信号を送信することにより、無線機の受信機能の確認を容易に行う事ができます。またRecord&Playback機能で、その試験の幅がよりひろがります。

プレイバック機能画面の例

トラッキングジェネレータ

高周波のプロは、無線機単体の試験に加え、アンテナ伝送ネットワークや同調型デュープレクサの保守を行います。オプションのトラッキングジェネレータ(88XXOPT10)と精密VSWR/DTFキット
(114348)により、8800SXは、VSWR、リターンロス、挿入損失、障害点距離計測のためのシンプルで高速なツールを提供します。別売ソフトケースは、別売りのリターンロスブリッジと電力分波器を収納ポケットに入れて、8800SXをケースに収めたままでVSWR、リターンロス、および障害点探査計測を行う事ができます。

チャネル・アナライザ、最大タイル画面

トラッキングジェネレータ画面の例

内蔵インラインパワーメータ

オプションにより、500Wインラインパワーメータを内蔵することができます。ハイパワーの送信機の試験に役立ちます。VSWRを含む真の平均値と、ピーク電力の測定が可能です。

  • 平均電力
  • 通過電力
  • VSWR
  • ピーク電力
  • 反射電力
  • リターンロス

インラインパワーメータ機能の画面の例

周波数リスト

特定も無線機の試験のために、送信周波数、受信周波数、送信レベルを設定したレベルのリストを作成し、簡単に読みだすことが出来ます。

オートテスト

各種無線機を、自動的に試験・調整を行う Auto-Test オプションが用意されています。(例:JVCKenwood社 NXDN 機/Motrola社 APX(TM)シリーズ/Motrola社
MOTOTRBO(TM)シリーズ)

仕様

RF信号発生器

ZOOM
項目仕様備考・条件
ポート入力保護GEN ポート+20 dBm入力電力アラーム、typ.
T/R ポート+52 dBm CW入力電力アラーム、typ.
T/R ポート>+90 ℃温度アラーム、typ.
周波数範囲2 MHz 〜 1000 MHz100 kHz 〜 <2 MHz まで使用可能(仕様保証外)
確度タイムベースに同じ 
分解能1 Hz 
出力レベル範囲T/R ポート—50 〜 —125 dBm 
ANT ポート—30 〜 —90 dBm 
GEN ポート—5 〜 —65 dBm 
確度±2dB、±1.5 dB typ. 
±3dB<—100 dBm
±3dB<—110 dBm、アッテネータホールドモード
分解能1 dB 
0.1 dB0〜—6dBm、アッテネータホールドON
ポートVSWRANT ポート・GEN ポート<1.5:1 typ. 
T/R ポート<1.2:1 typ. 
SSB位相ノイズ—90 dBc / Hz20 kHz offsetにおいて
—95 dBc / Hz1 GHzにおいて、 20 kHz offset、typ.
スプリアス高調波—30 dBc、-42 dBc typ. 
非高調波—40 dBc、-50 dBc typ.0 〜 1 GHz においてキャリアから±20 kHz offset で
残留FM<20 Hz rms帯域幅 300 Hz 〜 3 kHz において
<4 Hz rms typ, <100 MHz 
<6 Hz rms typ, <800 MHz 
<11 Hz rms typ, >800 MHz 
残留AM<0.5 %rms帯域幅 300 Hz 〜 3 kHz において

RF信号発生器 変調機能

ZOOM
項目仕様備考・条件
RF信号発生器 変調方式アナログなし、FM、AM 
デジタルP25、DMR、dPMR、ARIB T98、NXDN 
DTMF・DCS・2トーンシーケンシャル・トーンリモート・トーンシーケンシャルなし、FM、AM 
変調—内蔵発振器 (GEN 1、GEN 2)周波数範囲0 Hz 〜 20 kHz 
分解能0.1 kHz 
確度タイムベース ±2 Hz 
FMデビエーション範囲OFF、0 〜 100 %GEN 1 と GEN 2 選択可能
全高調波歪(THD)3%1 kHz で仕様、デビエーション >2 kHz、  300 Hz 〜 3 kHz バンドパスフィルタ使用
分解能1 Hz 
確度±10 %デビエーション 2 kHz 〜 50 kHz で、150 Hz から 3 kHz で仕様
AM変調率範囲OFF、0 〜 100 %GEN 1 と GEN 2 選択可能
分解能0.1% 
全高調波歪(THD)3%20 % 〜 90 % 変調、1 kHz で仕様、 300 Hz 〜 3 kHz バンドパスフィルタ使用
変調確度設定値の 10 %150 Hz から 5 kHz で仕様、10 % 〜 90 % 変調
外部変調 (MIC、AUDIO IN)MIC INマイク設定マイクコネクタピン  
レンジ1Pin 2 – OPEN、 Pin 6 – GND2 〜 15 mVrms(8 mVrms typ.) 
レンジ2Pin 2 – GND、 Pin 6 – OPEN35 〜 350 mVrms(100 mVrms typ.)レンジ2は、約3 Vdcのバイアス電圧を 有効にする。
レンジ3Pin 2 – OPEN、 Pin 6 – OPEN2 〜 32 mVrms(20 mVrms typ.) 
マイク周波数レンジ300 Hz 〜 3 kHz 
マイク(入力)レベルoff、0 Hz 〜 80 kHz 
マイク変調確度±20 %(300 Hz 〜 1.2 kHz) 
±30 %(>1.2 kHz) 
マイク極性正の電圧で正の偏移 
AUDIO IN入力レンジ30 V、3 V 
切り替え可能負荷3 V レンジ150Ω、600Ω、1 kΩ、ハイインピーダンス 
30 V レンジハイインピーダンス 
入力レベル3 V レンジ0.05 〜 3.2 Vrms 
30 V レンジ3 Vrms 〜 30 Vrms 
FM 周波数範囲300 Hz 〜 5 kHz 
FM 入力レベル感度3 V レンジ1 kHz / 35 mVrms typ. 
30 V レンジ1 kHz / 350 mVrms typ. 
FM 入力レベル極性正の電圧で正の偏移 
AM 周波数範囲300 Hz 〜 5 kHz 
入力レベル感度3 V レンジ1 % / 35 mVrms typ.負荷:ハイインピーダンス
30 V レンジ1 % / 350 mVrms typ.負荷:ハイインピーダンス
AF GEN (信号発生器) 1 および 2周波数範囲0.0 Hz 〜 20.0 kHz 
分解能0.1 kHz 
確度タイムベース ±2 Hz 
出力 レベル負荷インピーダンス600 Ω 
オーディオレベル出力0 Vrms 〜 1.57 Vrms 
分解能0.001 Vrms 
確度±10 %、 >100 mVrms、30 Hz 〜 3 kHz 
<3 %1 kHz で仕様、正弦波 300 Hz 〜 3 kHz

RF 受信機

ZOOM
項目仕様備考・条件
ポート入力保護ANT ポート+20 dBm入力電力アラーム、typ.
T/R ポート+52 dBm CW 
T/R ポート>+90 ℃温度アラーム、typ.
周波数範囲2 MHz 〜 1000 MHz100 kHz 〜 <2 MHz まで使用可能(仕様保証外)
確度タイムベースに同じ 
分解能1 Hz 
入力振幅感度ANT ポート—80 dBm、 10 dB SINAD typ.プリアンプ使用時 -110 dBm
T/R ポート—40 dBm、10 dB SINAD typ. 
受信機計測最低レベルANT ポート—60 dBm プリアンプ OFF、—80 dBm プリアンプ ON、RF エラーメータ 
T/R ポート—20 dBm プリアンプ OFF、—40 dBm プリアンプ ON、RF エラーメータ 
復調メータANT ポート歪、SINAD、変調、AF カウンタ 
T/R ポート変調、歪、SINAD、AF カウンタ 
受信機計測最高レベルANT ポート+10 dBmAuto、プリアンプ OFF
T/R ポート+47 dBm CW、FM、 +41 dBm AM 
受信機復調可能型式AM、FM、DMR、dPMR、ARIB T98、NXDN、P25 
変調計 — 外部 (MIC、AUDIO IN)IF 帯域幅FM5 kHz、6.25 kHz、8.33 kHz、10 kHz、12.5 kHz、25 kHz、 30 kHz、 100 kHz、300 kHz 
AM5 kHz、6.25 kHz、8.33 kHz、10 kHz、12.5 kHz、25 kHz、 30 kHz 
オーディオ フィルタ帯域幅FMC-WT BP、CCITT BP、なし、15 kHz LP、300 Hz LP、 300 Hz HP、5 kHz LP、300 Hz 〜 5 kHz BP、300 Hz 〜 3 kHz BP、0.3 kHz 〜 20 kHz BP、3 kHz LP 
AMC-WT BP、CCITT BP、なし、15 kHz LP、300 Hz LP、 300 Hz HP、5 kHz LP、300 Hz 〜 5 kHz BP、300 Hz 〜 3 kHz BP、0.3 kHz 〜 20 kHz BP、3 kHz LP 
オーディオ出力、レベル感度FM3 Vrms/kHz 偏移/IF 帯域幅kHz、±15 %
AM7 mVrms/% AM、±15 % 
LO(局部発振器)輻射<—50 dBc 
RF周波数 エラーメータ単位Hz、ppm 
範囲±200 kHz、±1000 ppm 
分解能1 Hz 
確度タイムベース±1 Hz 
RSSI(受信信号強度インジケータ)、受信機IF帯域内RF電力単位dBm、W、μW 
範囲—120 dBm 〜 +60 dBm 
RF レベル範囲T/R ポート(プリアンプOFF)—50 dBm 〜 +47 dBm 
ANT ポート(プリアンプOFF)—90 dBm 〜 +10 dBm 
ANT ポート(プリアンプON)—110 dBm 〜 —10 dBm 
分解能0.01 dBm 
確度±3 dB (1.5 dB typ.) Normalized 
外部アッテネーション—50 〜 +50 dB、 0.01 dB 分解能 
RF電力計 (T/Rポートへの 広帯域RF電力)最大入力レベル50 W連続、+25℃、±10℃ 
125 W繰り返し(最大ON時間30秒、最小OFF時間90秒)電力レベルが>50Wに対して 
アラーム+49 dBm入力高周波電力アラーム
>90℃温度アラーム
メータレンジ+20 〜 +53 dBm 
メータフロア0.10 W/+20 dBm 
アベレージ回数範囲1 〜 99 
表示単位W、dBm 
分解能0.01 W、0.1 dBm 
確度10 % of rdg (6% typ.) 
外部アッテネーション—50 〜 +50 dB、分解能 0.01 dB 
FMデビエーションメータ範囲500 Hz 〜 ± 100 kHz 
メータタイプピーク+、ピーク—、(ピーク—ピーク)/ 2、RMS 
分解能0.1 Hz 
確度10 % of rdg、500 Hz 〜 100 kHz デビエーション 
5 % of rdg、1 kHz 〜 10 kHz デビエーション150 Hz 〜 1 kHz で仕様
3 % of rdg、1 kHz 〜 10 kHz デビエーション1 kHz 〜 1.5 kHz で仕様
AM変調率メータ範囲5 % 〜 100 % 
モードピーク+、ピーク—、(ピーク-ピーク)/ 2、RMS 
分解能0.001% 
確度±5 % of rdg1 kHz で仕様、変調度 30 % 〜 90 %、  3 kHz ローパスフィルタ使用
SINADメータ計測対象AUDIO IN、Demod 
復調FM>2 kHz デビエーションIF 帯域幅は、受信する帯域に最適に設定
AM>25 % 変調
AUDIO IN  ポート周波数範囲300 Hz 〜 10 kHz 
入力レベル3 V(Audio Config 設定)0.9 Vp-p 〜 9 Vp-p 
30 V(Audio Config 設定)9 Vp-p 〜 90 Vp-p 
オーディオ周波数ノッチ1 kHz 
読取範囲0 dB〜60 dB 
分解能0.001 dB 
確度±1.5 dB、読み値 >8 dB、<40 dB 
歪率計計測対象AUDIO IN、Demod 
復調FM>2 kHz デビエーションIF 帯域幅は、受信する帯域に最適に設定
AM>25 % 変調
AUDIO IN  ポート周波数範囲300 Hz 〜 10 kHz 
入力レベル3 V(Audio Config 設定)0.9 Vp-p 〜 9 Vp-p 
30 V(Audio Config 設定)280 mVp-p 〜 90 Vp-p 
オーディオ周波数ノッチ1 kHz 
読取範囲0 % 〜 100 % 
分解能0.001% 
確度±10 % of rdg + 0.1 % Distortion、>1 % 〜 <20 % 
オーディオ周波数計計測対象AUDIO IN、Demod 
復調FM15 Hz 〜 20 kHzIF 帯域幅は、受信する帯域に最適に設定
AM100 Hz 〜 10 kHz
AUDIO IN  ポート周波数範囲300 Hz 〜 20 kHz 
入力レベル3 V(Audio Config 設定) 28 mVp-p 〜 9 Vp-p 
30 V(Audio Config 設定) 280 mVp-p 〜 90 Vp-p 
周波数範囲15 Hz 〜 20 kHz 
分解能0.1 Hz 
確度±1 Hz 
オーディオ周波数 レベルメータ計測対象AUDIO IN、SCOPE 
入力範囲AUDUO IN レンジ3 V、30 V 
SCOPE レンジ2 VDC、40 VDC 
周波数範囲200 Hz 〜 <5 kHz 
負荷選択SCOPEハイインピーダンス 
AUDIO IN3 V入力レンジハイインピーダンス、150 Ω、600 Ω、1 kΩ 
30 V入力レンジ10 kΩ 
入力レベルAUDIO IN ポート3 V レンジ10 mVrms 〜 3.2 Vrms 
30 V レンジ1 Vrms 〜 30 Vrms 
SCOPE  ポート2.0 Vdc レンジ10 mVrms 〜 1 Vrms 
40 Vdc レンジ1 Vrms 〜 28.28 Vrms 
表示単位分解能0.001V,mV,dBμV,dBm,W
範囲±5 % AUDIO IN ポート 
オシロスコープ計測対象SCOPE、AUDIO IN、DEMOD 
帯域幅5 kHz 
入力 インピーダンスSCOPE  入力2.0 V レンジ53 kΩ 
40 V レンジ1 MΩ 
Audio I/O 入力3 V レンジ150 Ω、600 Ω、1 kΩ、ハイインピーダンス 
30 V レンジ10 kΩ 
カップ リングScopeAC、DC、GND 
Audio InAC のみ 
FM 内部復調DC 
AM 内部復調AC 
垂直軸レンジScope、Audio In10 mV 〜 10 Vdiv1-2-5 ステップ
FM 内部復調0.1 kHz 〜 50 kHz / div1-2-5 ステップ
AM 内部復調5、10、20、50 % / div 
垂直軸確度10 % of fs (DC 〜 5 kHz) 
水平掃引0.5 ms / div 〜 0.1 s / div 
水平軸確度3 % of fs 
トリガタイプ内部Auto,Normal
トリガレベル垂直軸上可変 
マーカー2 個のマーカー 
垂直軸計測電圧、周波数、変調率
マーカー間の時間差 
チャンネル アナライザ周波数範囲2 MHz 〜 1 GHz 
スパン10 kHz 〜 5 MHz1-2-5 ステップ
窓関数ハニング、フラットトップ、矩形 
垂直軸スケール2、5、10、15、20 dB / div 
マーカー帯域幅1 kHz 〜 5 MHz1-2-5 ステップ
マーカーオフセット±1 kHz 〜 ±1/2 スパン1-2-5 ステップ
電力帯域幅確度(PdB)±3 dB typS/N 30 dB
ノイズフロア—123 dBmプリアンプOFF
—140 dBmプリアンプON、スパン100 kHz、typ.
デジタル マルチメータAC / DC 電圧計レンジ200 mV、2 V、20 V、200 V、2000 V、Auto150 Vacrms 〜 Vdc 最大入力、カテゴリII
分解能3.5 桁(2000カウント) 
確度DC:±1 % of fs ±1 カウント 
AC:±5 % of fs ±1カウント+25 mV 
AC / DC 電流計レンジ200 mA、2 A、20 A、Auto20A レンジでは、オプションのシャントを使用し、電圧計に接続する
最大開放端入力電圧コモンまたはアースを基準に 30 V RMS、カテゴリI 
分解能3.5 桁(2000カウント) 
確度DC:±5 % of fs ±1 カウント 
AC:±5 % of fs ±1カウント 
交流電圧周波数範囲50 Hz 〜 10 kHz 
抵抗計レンジ200 Ω、2 kΩ、20 kΩ、200 kΩ、2 MΩ、20 MΩ、Auto 
分解能3.5 桁(2000カウント) 
確度±5 % of fs ±1 カウント 
通過型電力計RF 測定タイプ平均電力、ピーク、バースト、クレストファクタ、CCDF 
周波数範囲25 MHz 〜 1 GHz 
電力範囲平均電力 500 mW 〜 500 W 
ピーク電力 13.3 W 〜 1300 W 
挿入VSWR<1.05 
挿入損失<0.05 dB 
方向性50 MHz まで 29dB、51 MHz から 1000 MHz まで 30 dB 
平均電力平均進行電力範囲500 mW 〜 200 W平均 
ピーク/平均比、最大12 dB 
確度、平均進行電力±4 % of rdg + 166 mW最大確度性能は、25 ℃±10 ℃
リターンロス0 〜 23 dB 
VSWR1.15 〜 99.9 
バースト 平均電力バースト平均電力範囲13.5 W 〜 500 W 平均 
バースト幅1 μs 〜 5 ms 
最小繰り返し率200 Hz 
デューティサイクル(D)0.001 〜 1.0D=バースト幅/周期
確度、バースト平均電力±6% of rdg + 0.116 / D mW 
ピークエンベロープ電力ピークエンベロープ電力範囲13.3 〜 1300 W 
ピークエンベロープ 電力確度バースト幅 > 200 μs ± 7% of rdg 、+0.70 W 
1 μs <バースト幅 < 200 μs :±10% of rdg、1.40 W 
0.5 us <バースト幅 <1 μs :±15% of rdg、1.40 W 
バースト幅 <0.5 μs :±20% of rdg、1.40 W 
クレスト ファクタ計測範囲500 mW 〜 300 W、13.3 W 最小ピーク 
クレストファクタ確度ピーク確度と平均電力確度の和 
相補累積分布 関数(CCDF)計測範囲0.1 〜 100 % 
スレッショルド計測範囲13.5 〜 500 W 
計測の不確かさ±0.2 % 
レベル設定確度ピークエンベロープについて、電力確度 +2 % 
スピーカ出力スピーカON および OFF 
出力0.5 m において最小 75 dBa、600 〜 1800 Hz、ボリウム最大 
ヘッドホン接続時、スピーカは切り離される 
ボリウムコントロールレベル範囲目盛 0〜100 
タイムベース温度安定度—20 ℃〜 70 ℃において±0.15 ppm 
エージングレート0.5 ppm(1年目) 
0.3 ppm (2年目以降) 
Freq-Flex(外部リファレンスタイムベースキャリブレーション)入力周波数範囲2 MHz 〜 1000 MHz 
リファレンス入力ポートT/R ポート:>-20 dBm 
Antenna ポート:>-40 dBm 
Freq-Flex 確度外部信号から <0.5 Hz + 安定度 + エージングレート 
例:10 MHz 外部入力、Freq-Flex 後、 外部入力に対して ±0.5 Hz 
10 MHz ± 0.5 Hz = 0.05 ppm + 安定度 + エージングレート 
入出力T/R ポート・ANT ポート・GEN ポートN型(F) 
Scope コネクタ・AUDIO INコネクタ・AUDIO OUTコネクタBNC型(F) 
ヘッドホンジャック3.5mm ジャック 
USB コネクタ(3個装備)USB Type A 
イーサネットコネクタRJ45 
DC 電源入力コネクタ2 ポジション 2.5 mm ジャック 
GND コネクタバナナジャック 
DMM(3個装備)バナナジャック(オプション) 
IN(通過型電力計)・OUT(通過型電力計)N型(F)(オプション) 
フロントパネル インジケータSYS インジケータ88XX 電源ON・起動モード 
88XX スリープモード 
88XX シャットダウン 
緑/赤点滅バッテリー温度 > 60 ℃ 
緑点滅バッテリー残量 < 5 % 
BAT インジケータバッテリー満充電 
バッテリー充電中 

その他の仕様

ZOOM
項目仕様備考・条件
環境/寸法最大寸法 (mm)343×293×146 mm (13.5×11.54×5.75 inch) 
質量(kg)7.7 kg(17 lbs)ハードウェアオプションがインストールされていない状態で
温度—40 ℃〜71 ℃保管時、MIL-PRF-28800F class 3
8800Sの 動作環境DC動作—20 ℃〜50 ℃ 
AC/DC電源動作AC入力電力の項を参照 
バッテリー動作—20 ℃〜約50 ℃注1 バッテリー動作の温度については、 実際の温度上昇と機器の使用状況に基づく。
注2 バッテリーは、—20℃を下まわる、または60℃を上回る環境においてはならない。
相対湿度動作5 〜 90 %RHMIL-PRF-28800F class 3 に基づき試験
高度バッテリーのみの動作4,600 mMIL-PRF-28800F class 3
AC 電源動作3,048 mMIL-PRF-28800F class 3
衝撃(動作時)30 G の衝撃MIL-PRF-28800F class 3 に基づき試験
振動動作時5 〜 500 Hz ランダム振動MIL-PRF-28800F class 3 に基づき試験
ベンチにおける取扱動作時MIL-28800F class 3 に準拠 
準拠規格EMC放射とイミュニティMIL-28800F, class 3 
EN61326-1, class A 
EN61000-3-2 
EN61000-3-3 
安全性UL61018-1 
EN61010-1 
CSA C22.2 No 61010-1 
信頼性25 ℃において 20,000 時間 
AC入力電力 (AC/DCコンバータ・充電器)AC 入力電圧範囲100 〜 250 Vac、3 Amax、47 Hz 〜 63 Hz 
AC 入力電圧変動公称入力電圧の 10 % より少ないこと 
過渡過電圧設置カテゴリ II に基づく 
使用環境屋内使用、最大相対湿度 31 ℃まで 80%、40℃において、 50% まで直線的に減少、設置カテゴリII、汚染度2 
動作温度0 ℃ 〜 40 ℃ 
保存温度—20 ℃ 〜 +85 ℃ 
EMIEN55022 Class B, EN61000-3-2, Class D 
安全性UL 1950,CSA 22.2 No 234 および No 950、 IEC 950/EN 60950 
DC入力電力電圧範囲11 〜 24 Vdc 
最大電力55 W、オプションのバッテリー充電時 65 W 
電力(代表値)30 W 
ヒューズ5 A、32 Vdc、Type F 
追加部品バッテリー型式リチウムイオンバッテリーパックバッテリーは、—20 ℃を下まわる、または60 ℃を上回る環境においてはならない。
バッテリー動作時間2.5 時間 typ.バックライト明るさ 100 %
3 時間 typ.バックライト明るさ 最小(可視範囲)
バッテリー充電時間電源OFF時、4 時間 typ.注:バッテリーは、温度範囲 0 ℃ 〜 45 ℃の範囲で充電されなければならない。 放電したバッテリー(容量 <10 %)は、外部DC電圧動作の前に 20 分間充電すること。
電源ON時、4 時間 typ.

製品カタログ

お気軽にご質問・ご相談ください

製品カタログダウンロード 一覧を見る
導入検討・見積り依頼 お問い合わせ
close

検索

5 customer service tips from LiveChat